サッポロビール、新ジャンル「麦とホップ」を3月6日リニューアル発売

2018-01-16

サッポロ 麦とホップ

サッポロビールは、同社新ジャンル「サッポロ 麦とホップ The gold」をリニューアルして、「サッポロ 麦とホップ」として2018年3月6日(火)に新発売します。

 

素材にこだわった麦100%商品

 

今年発売10年目を迎える「麦とホップ」。今回のリニューアルでは、原料とその配合比率の見直しによって「ひと口目の満足感」と「後味の良さ」を徹底的に追求したとしています。

原料については、厳選した麦芽と大麦だけを採用し、麦のうまみと飲み飽きないコクを付与。また、味の厚みを増すためにホップを3段階に分けて添加・煮沸したほか、投入するホップの比率も見直すことによって、より良い後味を実現したとしています。

さらに仕込工程では、素材のうまみをじっくりと引き出すため、仕込槽を加熱して麦汁全体の温度を段階的に上げていく「オールインフュージョン法」を採用。加えて、長期熟成製法で仕上げることによって素材本来のうまみを引き出したそうです。

発売以来、名前通り“麦”と“ホップ”だけでつくる()ことを貫いてきたという本商品。素材のうまみを最大限に引き出すためのこだわりを、じっくり感じてみてください。

※ 麦芽、大麦、大麦スピリッツを使用した麦100%商品

 

概要「サッポロ 麦とホップ」

パッケージ
250ml缶、350ml缶、500ml缶、10L樽、20L樽
品目
リキュール(発泡性)①
発売スケジュール
・250ml缶、350ml缶、500ml缶:
 2018年3月6日発売
・10L樽、20L樽:
 2018年2月中旬製造分より順次切り替え予定
発売地域
全国
原材料
発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)
アルコール度数
5%
中味特長
磨き続けてきたコクだけでなく、こだわりの原料とその配合比率を見直し、ひと口目の満足感と後味の良さを追求
販売目標
1000万ケース
※ 2018年年間、大びん633ml×20本換算(樽生を除く)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ