ヱビスの仮想街が誕生!?サッポロビールが新たなブランド戦略

サッポロビール「ヱビスビール」

サッポロビールは2022年2月25日(金)、同社ビール製品「ヱビス」ブランドに関する戦略発表会を開催し、会員制コミュニティサイト 「YEBISU BEER TOWNヱビスビアタウン)」創設をはじめとした、さまざまな取り組みを発表しました。

 


デジタルとリアルを融合させるコミュニティ

ヱビスの仮想街が誕生!?サッポロビールが新たなブランド戦略

サッポロビール ビール&RTD事業部部長 武内亮人氏(左)、同 ヱビスブランド ブランドマネージャー 沖井尊子氏(右)

2021年のエビスブランド(缶)は前年比102%と出荷実績を伸ばしたサッポロビール。特に20代を中心とした若年層の購入率が大きく伸長しており、「新しいライフスタイルに自分らしく適応していく方々から支持が伸びている点をポジティブに受け止めている」(同社武内氏)としています。

2022年のヱビスブランド販売計画は、コロナ禍で落ち込んだ業務用の回復見込みもあり、前年比およそ115%を計画。そのうえで、2022年はファンコミュニティを核に、デジタルとリアルを融合させながらファンとのコミュニケーションを図っていくとしています。

 

オンラインにヱビスの仮想街

「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」

まずは2月25日、会員制参加型コミュニティサイト「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」がプレオープンしました。

本サイトは、「一方的な情報提供でなく、お客様同士のコミュニケーション等、デジタル上に生まれる会話を通して商品等のリアルに連動させたい」(同社沖井氏)との意図から、仮想街のようなオンライン空間にて、「ヱビス」をきっかけとした“縁”でつながる場所を提供するというもの。

プレオープンでは会員限定コンテンツ閲覧やキャンペーン応募等の企画を用意し、6月にはプレオープン期からの参加者を対象に、「ヱビス」やビールの文化について学べる講義コンテンツも提供予定。そして10月の本格始動でコミュニティ機能を実装し、会員同士の交流や会員とヱビスブランドとの双方向コミュニケーションが図れる場所へと進化させるとしています。

「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」概要

サイトURL
https://ybt.sapporobeer.jp/
会員登録方法
サイトにアクセスいただき「会員登録」のボタンからご登録いただけます。
※ 会員登録にはメールアドレスが必要となります。
※「ヱビスのおいしいこととき」プレゼントキャンペーンで、既に会員登録されている方は、同じIDでログインできます。
※ 登録料・年会費は無料です。
「ヱビスのおいしいこととき」プレゼントキャンペーン
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000014454/
内容
【プレオープン期】
・「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」だけの会員限定コンテンツをご覧いただけます。
※ オープン記念として、2月25日~3月31日は会員でない方も閲覧が可能です。
・「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」プレオープン記念プレゼントキャンペーンを実施します。
※ 詳細は「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」内、プレゼントキャンペーンページをご確認ください。
URL:https://ybt.sapporobeer.jp/campaign/
・時間によって街の様子が変化したり、街のどこかにラッキーヱビス()がいたり、神社でおみくじを引くことができるなど、来訪いただいた方が楽しめる多様な仕掛けを用意しています。
・6月開講予定の「YEBISU BEER COLLEGE(ヱビスビアカレッジ)」では、会員限定イベントを予定しています。
【10月本格始動以降】
・コミュニティ機能の実装により、会員同士の交流や会員とヱビスブランドとの双方向のコミュニケーションが可能になります。
※ ラッキーヱビス:瓶商品数百本に1本だけ存在する商品で、通常のヱビスビールには鯛が1匹描かれているのに対し、鯛が2匹デザインされた縁起のいいヱビスビールとして好評いただいています。
参考サイト
「ヱビス」ブランドサイト

 

“ヱビスのライフスタイル雑誌”も

「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」

また、2月25日には、CCCメディアハウス発刊のライフスタイル雑誌『Penペン)』編集部との協働で、特定のテーマで深掘りをしていく同媒体の別冊として『Pen+(ペン・プラス)暮らしを彩る、ヱビスのある時間。』も発売されました。

130年以上磨き続けてきた「ヱビス」の楽しみかたを多彩な切り口で表現しながら、知的好奇心を刺激するコンテンツとして「ヱビス」の歴史やこだわりを紹介。日本を代表するライフスタイル雑誌ならではの視点から、「ヱビス」の文化や歴史を引き出しているとのことです。

『Pen+暮らしを彩る、ヱビスのある時間。』概要

内容
①11組が見つけた 私のとっておきの自分時間
②とっておきの時間に味わう 多彩な料理とヱビスのマリアージュ
③ヱビスビールのこだわりに迫る ビールのいろは
④デザインで知る ヱビスビールの歴史
⑤毎日の生活を彩るヱビスのラインナップ
⑥これから長く付き合いたい NEW BASICなアイテムたち
⑦わざわざでも行きたい、あのお店
発売日
2022年2月25日
価格
1,320円(税込み)
販売場所
全国の一般書店、ネット書店、コンビニエンスストア等
※ 以下の6店舗では2月25日~3月10日の期間で平台展示を実施します。
代官山 蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電、名古屋みなと 蔦屋書店、枚方T-SITE、広島T-SITE、六本松 蔦屋書店
※ ヱビスビール記念館でも販売します。
Webサイト
「Pen+」

 

“はじまりの場所”で、ヱビスに合う逸品を

「ヱビスビールに合う逸品グランプリ」

このほか、2022年3月15日から4月24日に恵比寿で開催されるグルメイベント「ヱビスビールに合う逸品グランプリ」にも特別協賛することとなりました。

このイベントは、ヱビスブランドにとって“すべてのはじまりとなった大切な場所”でもある恵比寿を舞台に、「ヱビスビール」の味わいに合わせた飲食店こだわりの料理とのペアリングを来店者の方々に投票いただき、グランプリを決定するというもの。

コロナ禍の影響で中止となった2021年をのぞき2015年から6回にわたり開催され、今や街の風物詩にもなりつつあるという本イベント。今年は初の春開催となり、参加店数は70店を超える過去最大規模になる予定とのことです。

今回は3月15日に発売される限定麦酒「ヱビス プレミアムホワイト」もラインナップに加わり、恵比寿の料理人が考える「ヱビスビール」や「ヱビス プレミアムホワイト」に合わせた旬の料理が登場する予定となっています。

「ヱビスビールに合う逸品グランプリ」概要

イベント期間
2022年3月15日~4月24日(投票期間も同じ)
内容
・恵比寿新聞社が主催する恵比寿の街のイベントで、恵比寿/恵比寿西・南/東/広尾/代官山町/猿楽町/目黒区三田に拠点を置き、イベント参加希望された約70店が参加しています。(参加飲食店様一覧は公式サイトに掲載)
・参加飲食店様は、イベント期間中「ヱビスビール」または「ヱビス プレミアムホワイト(樽生、びん)」と、それぞれに合う逸品をセットでご提供し、期間内にお店を訪れて「ヱビス」と逸品のセットをご注文いただいたお客様は、投票が可能です。
・お客様の投票によって、グランプリ店が決定します。(4月28日頃に恵比寿新聞で公開)
※ 新型コロナウィルス感染拡大の状況によっては、期間中に変更となることがあります。
※ 投票についての詳細は公式サイトをご覧ください。
主催社
恵比寿新聞社
特別協賛
サッポロビール株式会社
Webサイト
「ヱビスビールに合う逸品グランプリ」公式サイト

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!