横浜ビールの人気IPL「横浜ラガー」が同社初の缶ビールで発売!

横浜ビール「横浜ラガー」

今年で21年目を迎える横浜ビール(神奈川県横浜市)は2020年12月22日(火)、地元神奈川県および神奈川近郊のコンビニエンスストア、百貨店、小売店、飲食店にて、同ブルワリー初となる缶ビール仕様の「横浜ラガー」を発売します。

 

「ヨコハマには横浜のビールを」

横浜市瀬谷区の小麦や、横浜の水源のひとつである「道志の湧水」を使ったビールづくり、あるいは横浜FCとのコラボボトル等、横浜ビールはこれまで、多様な取り組みを通して地元の生産者や飲み手と積極的に関わってきました。

また、かねてより「ヨコハマには横浜のビールがあることを地元の方々に知って欲しい」との思いが強かったという横浜ビール。そうした思いから、横浜・神奈川およびその近郊コンビニエンスストア等で、手に取りやすい缶ビールを初めて発売することになりました。

 

横浜のラガーは“旨苦”

横浜ビール

今回缶ビールに採用したのは、横浜ビールで一番の人気商品という「横浜ラガー」。ビアスタイル(ビールの種類)は「インディアペールラガーIPL)」で、ラガー(下面発酵ビール)らしいスッキリした飲み口とともに、柑橘を思わせるホップの芳醇な香り、強い苦味、そしてモルト由来の香ばしさが特徴とのこと。“横浜のラガースタイル”らしい、グイグイ飲みたくなる「旨苦さ」としています。

缶体のほうは、3代目歌川広重の「横浜波止場ヨリ海岸通異人館之真図」が描かれた、“歴史”と“最先端”が同居する横浜らしいデザインとなっています。

 

ビールやTシャツが当たるキャンペーンも

横浜ビール醸造所併設レストラン「驛(うまや)の食卓」

今回の発売にあたっては、直営店およびSNSでキャンペーンが実際されます。直営店キャンペーンでは、リリース当日に横浜ビール醸造所併設レストラン「驛(うまや)の食卓」にてディナータイムに食事をした方に、もれなく横浜ビール缶ビール1本がプレゼントされるとのこと。

・日時:2020年12月22日(火)ディナータイム17:00-21:00(L.O 20:30)
・場所:横浜ビール直営店「驛の食卓」 横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル1,2F
<「驛の食卓」(外部サイト)>
https://www.hotpepper.jp/strJ000214697/

横浜ビール缶ビール

一方、SNSキャンペーンでは、期間中に購入した缶ビールを写した画像と、#横浜ビール缶ビール見つけた のハッシュタグを付けてInstagramもしくはTwitterで投稿した方のなかから、抽選で100名に横浜ビール6本セット、3名にオリジナルTシャツをプレゼントする予定としています。

・期間:2020年12月22日(火)~12月31日(木)

 

「横浜ラガー」概要

横浜ビール缶ビール
ビアスタイル
INDIA PALE LAGER
アルコール
5.0%
IBU
45
容量
350ml
賞味期限
240日(常温流通・冷暗所保管)
店頭希望小売価格
318円(税別)
販売先
・神奈川・神奈川近郊のコンビニエンスストア 約800店舗
・その他横浜近郊の百貨店、小売店、飲食店
・横浜ビール直営店「驛の食卓」「驛カフェ」
Webサイト
横浜ビール 公式サイト
横浜ビール 通販サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!