都会の秘境・海芝浦へ! 鶴見線の飲み放題ビール列車は12月5日受付開始

2017-12-20

ビール列車

JR東日本横浜支社は2018年1月13日(土)と2月3日(土)、キリンビール横浜支社とのコラボレーションでビール列車Beer Festival at鶴見線~海とビールと電車の物語~」を運行します。

 

昼の輝く海か、夜の煌めく工場群か

 

運行区間は横浜市~川崎市を結ぶ鶴見線。両日とも、鶴見駅と海芝浦駅を往復する「Day Beer」、そして鶴見駅と大川駅および海芝浦駅を往復する「Night Beer」の2コースが運行されます。

“都会の秘境へ続く路線”として最近注目を浴びている鶴見線車内では、キリンビール横浜工場限定醸造の「一番搾り 横浜づくり」で乾杯するほか、中華街の名店「重慶飯店」の特製おつまみセット、そしてサーバーから注がれる「キリン一番搾り」の生ビール飲み放題が楽しめます。

最大の見どころは電車でないと辿りつけない「海芝浦」駅から見渡す絶景。まるで別世界に迷い込んだのではないかと思えるほど美しい風景が広がります。「Day Beer」コースで光る海と暮れゆく工場地帯を観るか、「Night Beer」コースで煌めく工場群の夜景を満喫するか、迷うところですね♪

申し込みは本日2017年12月5日(火)の14時スタート。オンラインでも申し込み可能です。早い段階で売り切れ必至の人気イベントだと思いますので、参加を希望する方はお早目に!

 

概要「Beer Festival at鶴見線~海とビールと電車の物語~」

運行日
■2018年1月13日(土):
「Day Beer」「Night Beer」2コース
■2018年2月3日(土):
「Day Beer」「Night Beer」2コース
発着駅
発着駅:出発駅【鶴見駅】~海芝浦・大川(折返し)~ 到着駅【鶴見駅】
車両
鶴見線205系
※ 車内に飲食用の簡易テーブルをセッティングした特別仕様
旅行代金
おとな1名:5,800円(Day Beer・Night Beer 両コース共、同一料金)
※ 申込みは20才以上に限ります
募集人員
「Day Beer」コース 66名
「Night Beer」コース 66名
各日計132名、2日間計で264名様募集
旅行代金に含まれるもの
旅行行程に必要な運賃、お弁当
協力
キリンビール株式会社 横浜支社
販売開始日時
2017年12月5日(金)14:00
窓口
■びゅうプラザ:川崎・横浜・大船・平塚・武蔵溝ノ口・町田・品川・目黒・蒲田・大森・大井町・東京(八重洲中央)・東京訪日旅行センター(丸の内北口)・有楽町
■びゅう予約センター:0570-04-8928
※ 携帯・PHS・IP電話・ひかり電話・公衆電話は03-3843-2001
■インターネット(オンライン)申込:えきねっと
Webサイト
ニュースリリース詳細(PDFファイル)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ