Far Yeast Brewingの桃を使用した限定フルーツN.E.IPA、3月8日に全国78店舗で先行開栓

2018-03-13

ファーイーストブルーイング「Far Yeast Peach Nightcrawler」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2018年3月8日(木)より、限定醸造ビール「Far Yeast Peach Nightcrawler」(ファーイースト ピーチ ナイトクローラー)を発売します。

 

ホップの苦味に、桃ピューレのとろみと甘み

ファーイーストブルーイング「Far Yeast Peach Nightcrawler」

瓶内二次発酵中のPeach Nightcrawler

「Far Yeast Peach Nightcrawler」は、クラフトビール専門誌TRANSPORTERとの共同開発で2018年1月に発売した「Far Yeast Nightcrawler」に、山梨県産の桃を加えたコラボ第二弾商品。「夜も煌めく”眠らない街・東京”をイメージしたヘイジーでトロピカルなフレーバーに、桃のフルーティーな味わいが加わったフルーツNorth East IPA(N.E.IPA)となりました。

今回は、山梨県山梨市の人気カフェ「桃農家カフェ ラペスカ」を運営する桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」の桃ピューレを使用。果実本来のおいしさを最大限に引き出す「こだわり農法」で育てられた甘みたっぷりの桃を大量に使用し、桃の糖分でナチュラルカーボネーション()を行なっているそうです。

※ 発酵により発生する炭酸ガスを溶け込ませる手法。発酵後に炭酸ガスを注入し炭酸ガスのボリュームをコントロールする手法が一般的ですが、「Far Yeast Peach Nightcrawler」では瓶内・樽内で桃の糖分を2次発酵させることで炭酸ガスを発生させ、溶け込ませているとのことです。

また、香りづけのホップには「シトラ」と「モザイク」を使用。ホップの苦味と、桃ピューレのとろみと甘みが特徴の、苦くて甘いトロピカルなIPAに仕上がったとしています。

桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」の桃

~Far Yeast Brewing株式会社 醸造チームより~

「山梨県で若者を中心に超人気の『桃カフェ ラ・ペスカ』を運営しているピーチ専科ヤマシタさんの桃と、ジューシーなNightcrawler North East IPAをコラボレーションさせました。大量のフルーツを使ったフルーツエールの製造はFar Yeast Brewingとしても初めての試みです。桃の果汁を瓶内・樽内で2次発酵させナチュラルカーボネーションを行なっています。モザイクホップのトロピカルフルーツのようなフレーバーにピーチの甘みがミックスされ、さらにジューシーさやとろみ感を上乗せさせた苦くて甘く、かつドリンカビリティのあるNorth East IPAに仕上げました。」

同商品は樽とボトルの2商品で展開予定ですが、すでに3月5日(月)時点で樽・ボトル、ECサイトの在庫は完売になるという人気ぶり。樽は3月8日(木)に全国78店舗にて先行開栓される予定なので、気になる方はお早めにチェックしておいたほうが良さそうです。

 

概要「Far Yeast Peach Nightcrawler」

販売開始日
樽については3月8日(木)より全国78店舗にて先行開栓
その後、樽・ボトルともに3月9日(金)より全国で販売開始予定
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽・桃・オーツ麦麦芽・オーツ麦・ホップ・糖類(二次発酵用)
アルコール度数
6.3%
IBU
45
スタイル
フルーツNorth East IPA*
仕様
15L樽及び330mlボトル
Webサイト
Far Yeast Nightcrawler先行開栓店舗

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ