“極上の苦味”を追求したIPA、スプリングバレーブルワリー東京で11月17日限定発売

2017-11-21

スプリングバレーブルワリー(以下、SVB)は、“極上の苦味の追求”から生まれた「IPA(インディア・ペールエール)」シリーズの第8弾「IPA #8」を、2017年11月17日(金)より代官山のSVB東京にて数量限定販売します。

 

ホップは「レモンドロップ」「モザイク」「シトラ」

スプリングバレーブルワリー

数あるビアスタイルのなかでも特にファンの多いIPAは、ホップ由来の苦みや華やかな香りが特徴。IPAの個性でもある香りや苦みは、かつての大航海時代、船で長期間かけて運ぶため、ビールが傷むのを防ぐ効果もあるホップを大量に漬け込んだことがきっかけで生まれたそうです。

そんなホップのブレンドに着目したという今回の「IPA #8」では、柑橘のような香りを放つ「Lemondrop(レモンドロップ)」、「Mosaic(モザイク)」、そして「Citra(シトラ)」という3種のホップ使用して、爽やかな香りに仕上げたとしています。

また、発酵中にホップを漬け込む「ディップホップ法」と、(煮沸時にホップを添加する)従来のホップ使用法をバランスさせることで、ジューシーで、苦味が気にならない上質な味わいを引き出したとのこと。

今後も「IPA」ファンはもちろんのこと、初めて飲む方も楽しめる味覚のビールを目指していくとしています。

   

 

概要「IPA♯8」

原材料
小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ
発売日
2017年11月17日(金)
アルコール分
6.5%
ブリュワー
福井 森夫
提供場所
スプリングバレーブルワリー東京
東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内
製造場所
スプリングバレーブルワリー東京
Webサイト
スプリングバレーブルワリー 公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ