マリーンズが球団ビール「マリーンズビール」を7月6日発売!醸造は地元幕張ブルワリー

2018-07-14

マリーンズビール

千葉ロッテマリーンズは2018年7月6日(金)より、球団オリジナルのクラフトビール「マリーンズビール」を、本拠地のZOZOマリンスタジアムでの主催試合にて限定販売します。

 

海に近い球場にピッタリのエールビール

マリーンズビール

これまでも横浜DeNAベイスターズ東北楽天ゴールデンイーグルスが、それぞれ地元または地域のビール醸造所(ブルワリー)が醸造した球団オリジナルクラフトビールを販売していましたが、マリーンズはそれに続く3球団目となります。

醸造を行うのは、2018年4月に自社醸造を開始した千葉市初のクラフトビール醸造所「MAKUHARI BREWERY幕張ブルワリー)」。クラフトビールの本場である米オレゴン州ポートランドでの仕込み方を追求した同ブルワリーが今回醸造するのは、海が近いZOZOマリンスタジアムにピッタリという、ホップな香りと苦みが入り混じったフルーティーなエールビールです。

~千葉ロッテマリーンズ 井口資仁監督コメント~

「試飲をさせていただきましたが、とてもフルーティーでビールが苦手な方でも飲みやすい、とても味わい深いビールだと思いました。自分のようなビール好きは、何杯でも飲めそうです。ぜひマリーンズの勝利をマリーンズビールで乾杯してください」

~幕張ブルワリー代表 富木穀氏コメント~

「クラフトビールの本場・米国ポートランドから輸入した醸造設備を使い、米国の醸造技術者と共に、どなたにでも飲みやすく、試合をじっくり観戦しながら味わって頂けるビールをつくりました。地元幕張で作ったビールで、幕張を本拠地とするマリーンズを応援します」

 

概要「マリーンズビール」

ビールスタイル
エール
(上面発酵で醸造されるフルーティーなビール)
価格
800円(税込) 330ml
※ 品質のいいビールを提供するため1日450杯、限定販売とします。
販売店舗
「Food Court Chiba」(フロア2 内野中央Cゲート付近)
「選手の台所」(フロア2 内野3塁側211・212通路の間)
「ガナドール」(フロア1 外野ライトスタンド下)
Webサイト
千葉ロッテマリーンズ公式HP

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ