Far Yeast×うちゅうブルーイングでホッピーな樽熟ビール発売!

Far Yeast Brewing×うちゅうブルーイング「Off Trail Event Horizon」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2021年4月24日(土)、同社「Off Trailオフトレイル)」ブランド第11作目として、うちゅうブルーイングとのコラボレーションビール「Event Horizonイベントホライズン)」を発売します。

 

山梨県内のブルワリー同士でコラボ

「Off Trail」シリーズでは、リッチで複雑な香りを生成するため、ワインやウイスキーづくりで使われた樽でビールを熟成させる“バレルエイジイング”手法を採用。ベースとなるビールの個性に合わせ、季節の果実や地域の特産品をブレンドすることでユニークなフレーバーづくりに挑戦しています。

そんな「Off Trail」第11弾の本商品は、同じ山梨県のブルワリーとして交流を深めている、うちゅうブルーイング(北杜市)とのコラボレーションで製造されました。

ホッピーなIPAを得意とするうちゅうブルーイングと、「Off Trail」シリーズでブレンディングの経験を重ねたFar Yeast Brewingとのタッグで生まれた“Dry Hopped Barrel Aged Saison and Sour Blonde Ale with Koshu Grapes”スタイルのビールとなっています。

 

Far Yeast Brewing×うちゅうブルーイング「Off Trail Event Horizon」

製造にあたっては、うちゅうブルーイングのチームが山梨県小菅村のFar Yeast Brewing源流醸造所を訪れ、テイスティングによりブレンディング用の樽を一緒に選定。

2019年秋にリリースした「Japanese Grape Saison」を18ヶ月ウィスキー樽で熟成させたビール、そしてケトルサワーで醸造したブロンドエールとブレタノマイセスをワイン樽で11ヶ月熟成させたビールをブレンディングしたとのことです。

 

Far Yeast Brewing×うちゅうブルーイング「Off Trail Event Horizon」

また、うちゅうブルーイングは源流醸造所でのブレンディング&ドライホップ時も来所。鍵となるホップ3種(シトラ・シムコー・ネルソンソーヴィン)のドライホッピングも一緒に行なったとのこと。

そうして誕生した「Event Horizon」は、バレルエイジサワーとホップフォーワードビールが好きなユーザーには特におすすめの、奥深い上品な味わいが楽しめるビールになったとしています。

 

「Off Trail Event Horizon」概要

商品名
Off Trail Event Horizon(オフトレイル イベントホライズン)
販売開始日
2021年4月24日(土)
価格
オープン価格
原材料
麦芽(ドイツ製造、イギリス製造)、ぶどう、ホップ、小麦麦芽、糖類
スタイル
ドライホップド バレルエイジセッション & サワーブロンドエール with 甲州
アルコール度数
7.5%
品目
発泡酒(麦芽使用率50%以上)
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
750ml瓶、330ml瓶、10L樽
Webサイト
Far Yeast Brewing公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!