“高濃度一番搾り麦汁”使った「一番搾り 超芳醇」が限定発売!

キリンビール「キリン一番搾り 超芳醇」

キリンビールは2020年3月24日(火)、同社の「キリン一番搾り生ビール(以下、一番搾り)」ブランドから、“高濃度一番搾り麦汁”(※1)を使用した「キリン一番搾り 超芳醇」を期間限定で全国発売します。

※1:「一番搾り」が使用する麦汁に比べ、高濃度に仕上げた麦汁

 

ホップの配工夫で麦のうまみを一層UP

麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」(※2)を採用した「一番搾り」は、2019年、「“飲みやすく飲み飽きない”おいしさを追求した」というリニューアルで好評を得て、缶商品の販売数量が3年連続で前年を上回りました。

※2:麦汁ろ過工程において最初に流れ出る一番搾り麦汁を使う製法

本商品「キリン一番搾り 超芳醇」は、その「一番搾り」ブランドとして“一番搾り製法”で生み出すおいしさを突き詰めたという限定商品。“高濃度一番搾り麦汁”を採用することで、麦のうまみがたっぷりと感じられながらも、雑味がなく飲みやすい味わいを実現したとのこと。また、今年はホップの配合を工夫したことにより、麦のうまみがより感じられる味覚にブラッシュアップしたとしています。

 

「キリン一番搾り 超芳醇」概要

発売日
2020年3月24日(火)
※ 期間限定品
発売地域
全国
容量/容器
350ml缶、500ml缶
価格
オープン価格
アルコール分
6%
販売予定数
約43万ケース(5,500KL)※大びん換算
製造工場(予定)
キリンビール仙台工場、取手工場、神戸工場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!