サッポロ、独自の国産麦芽使った「黒ラベルエクストラブリュー」発売

2019-05-22

サッポロビール「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」

サッポロビールは2019年6月18日(火)、国産の「旨さ長持ち麦芽」を初めて使用したというビール「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」を数量限定で発売します。

 

「LOXレス大麦品種」を国内商業生産

 

本商品は、「サッポロ生ビール黒ラベル」でも使っている、同社独自開発の「旨さ長持ち麦芽」を100%使用したというビールです。

「旨さ長持ち麦芽」とは、ビールの風味を劣化させる成分(LOX-1ロックスワン>:脂質酸化酵素)を持たない大麦から生まれた麦芽です。今回、サッポロビールではこの麦芽の原料となるLOXレス大麦品種(LOX-1を持たない大麦品種)を独自開発し、2016年産から一般栽培を開始。国内の商業生産を初めて実現するとともに、この麦芽を本商品で初めて使用()し、日本の夏にぴったりな、爽快なのどごしを実現したとしています。

※ 国産「旨さ長持ち麦芽(注2)」使用割合50%以上。

 

新商品「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」

品目
ビール
発売日
2019年6月18日
原材料名
麦芽(国内製造、外国製造)、ホップ、米、コーン、スターチ
アルコール分
5.5%
中味特長
国産の「旨さ長持ち麦芽(注2)」を使用。
日本の夏にぴったりな、爽快なのどごし。
価格
オープン価格
販売計画
30万ケース(大びん633ml×20本換算)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ