横浜ビール、横浜の「浜なし」100kgを使ったウィートエール発売!

横浜ビール「戸塚×下川町 浜なしウィートエール」

横浜ビール(神奈川県横浜市)は2021年10月7日(木)、同社シーズナルビール「めぐりあい meguriai」シリーズの第3弾商品「戸塚×下川町 浜なしウィートエール」の出荷を開始します。

 

北海道下川町の小麦「はるきらり」も使用

横浜ビール「戸塚×下川町 浜なしウィートエール」

横浜市で生産された「浜なし」100kgを使用

舞岡の「紅ほっぺ」、小田原の「清見オレンジ」、綱島の「日月桃」etc、地元生産者の方々がつくった貴重な果物を使用して毎年醸造している横浜ビールのシーズナルビール「めぐりあい meguriai」。

その第3弾となる本商品は、友好協定を結ぶ横浜市戸塚区と北海道下川町の特産品を使用し、2018年から毎年醸造しているというビールです。発売4年目にあたり、商品名は「ともだちウィートエール」から「戸塚×下川町 浜なしウィートエール」に変更されました。

 

横浜ビール醸造長 深田優氏

横浜ビール醸造長 深田優氏

特徴は、横浜市戸塚区の梨「浜なし」100kgと、北海道下川町の小麦「はるきらり」を使用した爽やかな味わい。

酵母由来のフルーティーな香り、そして浜なしと小麦によるやわらかいフレーバーが魅力で、魚介料理やスイーツとも好相性としています。

 

「戸塚×下川町 浜なしウィートエール」概要

商品名
戸塚×下川町 浜なしウィートエール
ABV
5.5%
IBU
15
容量
330ml
希望小売価格(税別)
545円
取り扱い店舗
横浜ビール醸造所、KISSYO SELECT 西武東戸塚店、デイリーヤマザキ戸塚秋葉町店、2416MARKET CAVE、そごう横浜店、デイリーヤマザキ新横浜駅前店、未来酒店YOKOHAMA、セブンイレブンみなとみらい3丁目店、セブンイレブン宮川町3丁目、セブンイレブン横浜本牧原店、YOKOHAMA BEER STAND(桜木町)、Bonsaiバル 粋~iki~(東戸塚)、You’slu亭(北海道)、その他 神奈川県及び近郊の一部の百貨店、小売店
Webサイト
横浜ビール 公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!