横浜ビール「缶生ビール」ブランドが新発売!第1弾はセッションIPA

横浜ビール「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」

横浜ビール(神奈川県横浜市)は2022年6月20日(月)、“醸造所で飲めるような出来たて生ビールの味わい”を掲げた、無濾過非加熱の新ブランド「缶生ビール」シリーズの第1弾「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」を発売します。

 


醸造所で飲めるような“生ビール”を

横浜ビール「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」

缶ビールでの販売が主流となってきた昨今のクラフトビール業界ですが、飲食店で缶ビールが提供されるケースは多くないとのこと。これに対し横浜ビールは「ドラフト(樽生ビール)での提供が難しい店舗でも、醸造所で飲めるような出来たて生ビールを楽しんで欲しい」との思いで、今回の「缶生ビール」シリーズ発売を決めたそうです。

その第1弾が「缶生 Deep Local-sesion IPA-」。ビアスタイル(ビールの種類)は、飲食店・ビアバーの方々を対象に行ったアンケートとSNSによる一般投票を通しセッションIPAに決定しました。

 

ネルソンソーヴィンのシングルホップ

横浜ビール「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」

魅惑的なホップの香りと軽快な飲み口が特徴で、これからの季節に何杯でも飲みたくなるようなビールに仕上がったという本商品は、上品で白ワインのような香りと言われる「ネルソンソーヴィン」ホップのみを使用。仕込み段階に加え、一次発酵後などにホップを浸すことで香りを最大限に引き出す「ドライホッピング」も実施したとしています。

横浜ビール醸造長 深田 優 氏

ホップの香りを最大限に活かすドライホッピングを行い、通常数種類のホップを使用する所を、「ネルソンソーヴィン」1種類のみで香りつけします。これは「横浜ビール」初の試みです。白ワインのような香りと例えられる、ネルソンソーヴィンというホップは上品で芯があり、唯一無二の魅力があります。

 

「缶生 Deep Local-session ipa-」概要

横浜ビール「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」
商品名
缶生 Deep Local-session ipa-
ビアスタイル
セッションIPA
内容量
350ml
アルコール度数
4.5%
希望小売価格(税別)
618円
取り扱い店舗 ~工場直送~
バナバサ ビール+ギャラリー、目白田中屋、未来酒店YOKOHAMA、2416MARKET、京成小岩クラフト酒店、KISSYO SELECT 西武東戸塚店、内田日和、KING PELICAN、CRAFTKITCHEN Mid.Ru、LANABeer、JINGLE、TSUBAKI食堂、VOYAGE、アポロカンパニー、ALLWell、ブラントンズSelected Craft Beers、Craftbeer Sloth House、B&W
Webサイト
「缶生 Deep Local-session ipa-」販売ページ(抽選販売)
応募期間:2022年6月13日(月)10:00 ~ 2022年6月20日(月)19:00
当選結果発表:2022年6月21日(火)20:00

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!