「オリオン ザ・ドラフト 初仕込」発売! 循環型栽培の大麦使用

オリオンビール「ザ・ドラフト 初仕込」

オリオンビールは2021年7月13日(金)、ビールづくりの工程で出るビール粕を堆肥として活用したという“完全循環型栽培”の大麦を使用した初のビール製品「オリオン ザ・ドラフト 初仕込み」を発売します。

 

ビール粕を堆肥として活用

オリオンビールは、2020年6月発売の主力商品「ザ・ドラフト」から、伊江島産大麦を原材料に採用。ビールづくりの工程で出るビール粕を堆肥として活用し、改良された伊江島の土壌で栽培した大麦から新たなビールを生み出すという、ビール生産における持続可能な社会への挑戦をスタートさせました。

 

麦芽粕

ビールの仕込み過程で生まれる麦芽粕

「ザ・ドラフト」の原料となった伊江島産大麦が伊江島の土に還り、そこで再び新たな大麦の豊かな実りを育むことで循環型の大麦生産が完成。今回の「オリオン ザ・ドラフト 初仕込み」は、その完全循環型で栽培された大麦を使用した初の製品であり、本年3月に刈り入れてすぐの、とれたて大麦をつかった鮮度抜群のビールとのことです。

現在、伊江島でスタートした大麦栽培は名護市や南城市など島内で広がりを見せているそう。現在では、琉球大学や沖縄高専での協働研究もはじまったほか、北部農林高校でも新たに大麦の栽培が開始されるなど、官学を巻き込み一大産業へ発展する可能性を見せているとのことです。

 

「オリオン ザ・ドラフト 初仕込み」概要

商品名
「オリオン ザ・ドラフト 初仕込み」
品目
ビール
アルコール度数
5%
製造工場
オリオンビール(株)名護工場
価格
オープン価格
Webサイト
「オリオン ザ・ドラフト」ブランドサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!