ドイツ産麦芽30%以上増量のサッポロビール新ジャンル「麦とホップ<赤>」、10.11(水)限定発売

2017-08-31

サッポロビールは2017年10月11日(水)より、新ジャンル「サッポロ 麦とホップ<赤>フェストスタイル」を期間限定発売します。

 

本場の「メルツェン」をモチーフに、度数は少し高めの5.5%以上6.5%未満

毎年好評を博し、2017年で発売5年目を迎える「麦とホップ<赤>」。今年も本場ドイツの収穫祭で親しまれているメルツェンスタイルをモチーフにしつつ、ドイツ産麦芽は昨年比で30%以上増量。アルコール度数は少し高めの5.5%以上6.5%未満になりました。

また、バイエルン産ホップも一部使用して、麦とホップだけでつくった「しっかりとしたコク」と「一口目の麦の甘み」を特徴にしているとのこと。

パッケージはもちろん、液色もカラメル麦芽由来の美しい赤色となる「麦とホップ<赤>」。すっかり10月の定番となった感がある本商品が、秋の食卓をより楽しく演出してくれそうです。

 

「サッポロ 麦とホップ<赤> フェストスタイル」
<パッケージ>
350ml缶、500ml缶
<品目>
リキュール(発泡性)①
<発売日・地域>
2017年10月11日(水)~12月末日頃、全国
<原材料>
発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)、スピリッツ(大麦)
<アルコール分>
5.5%以上6.5%未満
<特徴>
・麦とホップだけでつくった、しっかりとしたコク
・ドイツビール「メルツェン」をモチーフとした一口目の麦の甘み
・カラメル麦芽由来の美しい赤色の液色
<価格>
オープン価格

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ