桜で風味付けした限定ビール「サンクトガーレン さくら」発売!

サンクトガーレン「サンクトガーレン さくら」

サンクトガーレン(神奈川県厚木市)は2021年2月19日(金)、長野県伊那市に咲く「高遠の桜」の花と葉で風味付けをした“桜餅風味”のビール「サンクトガーレン さくら」を、4月中旬までの季節限定で発売します。

 

仕込み1回で60Kgの八重桜

「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれている長野県伊那市高遠(たかとお)の桜の花と葉で風味付けをしたという本商品。

サンクトガーレンの冬季限定商品「アップルシナモンエール」に同市のりんごが使用されている縁で開発したビールとのことで、苦味と香りのもとになるホップの使用は抑えつつ、桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込みに60Kg使用。桜餅のような香りと味わいを引き出したとしています。

 

サンクトガーレン「サンクトガーレン さくら」

桜を収穫するサンクトガーレン代表の岩本伸久氏(2019年撮影)

桜の収穫は毎年GW前後に行われ、摘み取った桜はすぐに塩漬けにされるそう。桜・塩・水を交互に加え、力をかけて3分の1程度にまで圧縮。それを冷蔵庫で1年程度寝かせて完成させ、ビールに使うときには前日から流水にさらし塩抜きしてから使うとのことです。

本商品から感じられる桜餅のような香りはクマリンという成分。咲いている桜の中では糖と結合していて香りはしませんが、塩漬けにすることで糖が分離してクマリンが生成され、桜餅のような香りを放つそうです。

 

サンクトガーレン「サンクトガーレン さくら」

酒米「楽風舞(らくふうまい)」も使用

また、主に大麦麦芽を使う通常のビールに対して本商品では柔らかい口当たりを出すために小麦麦芽を20%使用しているとのこと。

さらに、神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された酒米「楽風舞(らくふうまい)」も併せて使用しており、お米特有のふくよかな甘い風味をビールにプラスし、道明寺桜餅のような味わいに仕上げたとしています。

 

「サンクトガーレン さくら」概要

サンクトガーレン「サンクトガーレン さくら」
商品名
サンクトガーレン さくら
アルコール
5%
容量
330ml
価格
460円(税別)
原材料
麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉)
販売場所
公式ネットショップ、主要百貨店(一部除く)のお酒売場、関東のイオン40店ほか
Webサイト
特集ページ(サンクトガーレン公式サイト)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!