希少な日本産ホップを使ったビール「MURAKAMI SEVEN IPA」登場!

2019-07-17

スプリングバレーブルワリー「MURAKAMI SEVEN IPA」

スプリングバレーブルワリー(以下、SVB)は2019年7月2日(火)、希少な日本産ホップ「MURAKAMI SEVEN(ムラカミセブン)」を使用したIPAタイプのビール「MURAKAMI SEVEN IPA」を数量限定で発売します。

 

イチジクやみかんを感じさせる香り

スプリングバレーブルワリー「MURAKAMI SEVEN IPA」

「MURAKAMI SEVEN IPA」を育種した村上敦司氏(写真左)

「MURAKAMI SEVEN IPA」は、キリンの“ホップ博士”こと、キリンホールディングス株式会社R&D本部 酒類技術研究所 主幹研究員の村上敦司氏が育種した希少な日本産ホップ「MURAKAMI SEVEN」を使用。「MURAKAMI SEVEN」由来のイチジクやみかんを感じさせる香りと質のよい苦みが、しっかりとした心地良い飲みごたえにつながり、上質感のある味わいを楽しめるとしています。

昨今、日本産ホップはクラフトビール人気の高まりに伴って価値が再評価されている一方、生産者の高齢化や後継者不足により、生産量は最盛期に比べて大きく落ち込んでいます。そんななか、100年前にホップの国内試験栽培を開始し、日本産ホップ育成の取り組みを進めてきたキリンビールは現在、日本産ホップの約7割を購入。「IBUKI」や「MURAKAMI SEVEN」といった個性的で希少な日本産ホップの開発も行っています。

 

「MURAKAMI SEVEN IPA」概要

原材料
麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
ブリュワー
中村壮作氏
発売日
キリン オンラインショップ DRINX https://drinx.kirin.co.jp/
▶6月20日(木)予約開始、7月2日以降出荷
Tap Marchéタップ・マルシェ
▶7月8日(月)
SVB東京/横浜/京都、BTG
▶6月27日(木)
アルコール分
5.5%
酒税法上の区分
ビール
提供場所/容量/価格
[1] DRINX/330mlびん×6本セット/3,369円(税込)
[2] SVB東京、横浜、京都/レギュラーサイズ(360ml)/1杯1,180円(税込)
[3] BTG/レギュラーサイズ(250ml)/1杯700円(税込)
Webサイト
スプリングバレーブルワリー

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ