糖質70%オフ「淡麗グリーンラベル」が刷新!炭酸感の強化など

キリンビール「淡麗グリーンラベル」

キリンビールは2020年3月上旬製造品から、“糖質70%オフ”()の同社発泡酒「淡麗グリーンラベル」を刷新し、順次切り替えを行います。2020年の販売目標は前年比約1割増としています。

※ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)による。

 

ホップ配合の最適化も

平均寿命の延伸に伴い健康意識が高まるなか、糖質オフ食品市場は経年的に拡大しているというキリンビール。同社調べによると、ビール類市場における健康機能系商品のシェアは現在約2割に達しており、今後も“健康ニーズ”は一定程度の支持が続くと見込んでいるそうです。

そうした流れにあって、「おいしさ」と「糖質70%オフ」の高バランスが好評価を得ているという「淡麗グリーンラベル」は、機能系商品でありながら通常のビール類との併飲率も約50%と非常に高く、今後も非機能系ユーザーからの支持拡大が見込まるとしています。

そこで今回のリニューアルでは、ホップ配合の最適化と炭酸感の強化によって、雑味のないすっきりとした味わいとビールに近い「満足感」を両立させ、爽やかなおいしさに一層磨きをかけたとのこと。2020年の販売目標は前年比約1割増としています。

 

「淡麗グリーンラベル」概要

発売地域
全国
発売日
2020年3月上旬製造品より順次切り替え
容量・容器
350/500ml缶
価格
オープン価格
アルコール分
4.5%
酒税法上の区分
発泡酒
販売予定数
約1,420万ケース(180,000KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
Webサイト
「淡麗グリーンラベル」商品情報

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!