「キリン一番搾り 糖質ゼロ」発売!ビールも糖質オフの時代に

キリンビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」

キリンビールは2020年10月6日(火)、同社ビール製品「一番搾り」ブランドから、国内のビールカテゴリーとして初めて(※1)糖質ゼロ(※2)を実現したとする新商品「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を発売します。

※1 ビールで糖質ゼロを実現した国内で初めての商品(Mintel GNPDを用いた同社調べ)
※2 100ml当たり糖質0.5g未満のものに表示可能(食品表示基準による)

 

 

約5年間で350回以上の試験醸造

2020年10月1日の酒税改正で、350ml缶1本当たり約7円減税されることにより、ビールの販売数量は中長期的な伸長が期待されています。

また、健康志向の高まりが新型コロナウイルス感染拡大によってさらに加速。これまでも堅調に推移してきたキリンビールの糖質オフ・ゼロ系ビール類の販売数量は、2020年1月~7月で前年比約5%増と、さらに伸長しているそうです。

そうした環境変化も受けて発売される本商品は、従来の「一番搾り製法※3)」による“雑味のない澄んだ麦のうまみ”を引き出すとともに、「新・糖質カット製法」を採用。

原材料である麦芽の選定から見直すとともに、約5年の歳月をかけて350回以上の試験醸造を重ね、国内で初めてビールカテゴリーで「糖質ゼロ」を実現したとしています。

本商品は事前受注も好調に推移しており、9月の製造数量は当初計画から約3割増産したとのこと。今後は既存のビールユーザーに加え、健康志向の高い顧客への期待にも応え、「一番搾り」ブランドのさらなる成長を目指すとしています。

※3 麦汁ろ過工程において最初に流れ出る一番搾り麦汁を使う製法

 

パパ友との会話から生まれた新商品

キリンホールディングス株式会社 飲料未来研究所 廣政あい子氏

~技術開発担当:キリンホールディングス(株) 飲料未来研究所 廣政あい子氏のコメント~

「キリン一番搾り 糖質ゼロ」の開発は、育児休業中にママ友・パパ友とお花見をしているときに、パパ友が言った「ビールが好きなんだけど、体型も気になるから、(ビールは)最初の一杯だけ。」という言葉がきっかけです。その言葉を聞いて、ビール好きな人がもっと気兼ねなく飲めるおいしいビールをつくりたいと考えるようになりました。
 育児休業が明けて、「ビールの原材料だけで、糖質を限りなくゼロにする技術開発に取り組みたい」と社内プレゼンを行いました。プロジェクトがスタートしたのは、5年前の2015年春のことでしたが、かつてない「ビールで糖質ゼロ」を目指したこの取り組みは、社内でも極秘プロジェクトとして扱われました。
 そして5年間、キリンビールの培ってきた技術を用いて、さまざまな角度から「おいしさ」「糖質ゼロ」を両立するビールへのアプローチを重ね、350回に及ぶ試験醸造の結果、「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が誕生しました。
 10月からはビールにかかる酒税が減税されます。「糖質ゼロビール」がないからビールを飲まなくなったという皆さんには、この機会にぜひお試しいただきたいです。「キリン一番搾り 糖質ゼロ」、ぜひご期待ください。

 

「キリン一番搾り 糖質ゼロ」概要

商品名
「キリン一番搾り 糖質ゼロ」
発売地域
全国
発売日
2020年10月6日(火)
容量・容器
350ml缶、500ml缶
価格
オープン価格
アルコール分
4%
酒税法上の区分
ビール
販売予定数
約120万ケース(15,000KL)※大びん換算
製造工場
キリンビール取手工場、名古屋工場、岡山工場(3工場)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!