“焙煎コオロギ”を使用!ANTCICADA×遠野醸造のコオロギビール

遠野醸造&ANTCICADA「コオロギビール / Cricket Dark Ale」

岩手の遠野醸造は、昆虫食の開発などを行うANTCICADAアントシカダ)とともに、国産のコオロギを原材料に用いた世界初()のクラフトビール「コオロギビール / Cricket Dark Ale」を開発しました。

2020年3月15日(日)~18日(木)に都内・渋谷パルコ「COMINGSOON」で限定販売するほか、3月15日からは遠野市の遠野醸造タップルームでも提供予定となっています。

※ 株式会社Join Earth調べ

 

焙煎したフタボシコオロギを使用

本商品のビアスタイル(ビールの種類)はダークエール。ていねいに焙煎したフタホシコオロギとローストモルトを麦汁に加えて、コオロギの香りとうま味を存分に引き出したビールとしています。

 

遠野醸造&ANTCICADA「コオロギビール / Cricket Dark Ale」

コオロギは、太陽グリーンエナジー株式会社が飼育したフタホシコオロギを使用。福島県のファームにて室温・湿度管理を徹底した最適な環境のもと、社食のロスで出る野菜などを餌に育てられたそう。

また、収穫後もていねいな洗浄と熱処理が加えられた、安心安全の食材としています。

 

そうして完成した「コオロギビール」は、コーヒー、カカオ、カモミールのような香りが先行し、口に含むと苦味とコク、キャラメルの香りが感じられ、うま味の余韻が長く続く味わいに仕上がっているとのこと。

香ばしい香りとゆったりとした苦味はビターチョコやコーヒーナッツ、ドライフルーツ等とよく合うほか、メキシコの燻製唐辛子「チポトレ」を使った料理との相性も抜群としています。

 

昆虫食の魅力を世界に

ANTCICADA(アントシカダ)

チームANTCICADAおよびJoin Earth代表の篠原祐太氏

ゲテモノや害虫といったネガティブなイメージが先行しがちな昆虫ですが、近年では栄養価の高さや環境負荷の低さなどから、持続可能性が高い食材として世界的にも注目が集まっているそう。

そこで、豊かな個性や滋味深い風味など、食材としての魅力に溢れた昆虫の魅力を伝えようと、ANTCICADAはこれまで、2種類のコオロギで出汁をとった「コオロギラーメン」や、個性豊かな虫たちを使ったコース料理の開発等に取り組んできました。

 

遠野醸造&ANTCICADA「コオロギビール / Cricket Dark Ale」

そして今回、さらに多くの人に昆虫を届けたいとの想いから、かねてより原材料としての昆虫の可能性に注目していたクラフトビール醸造所・遠野醸造と意気投合。コオロギのポテンシャルを最大限活かしたクラフトビールを実現しようと試作を重ね、本商品の開発に至ったそうです。

今後はANTCICADAのイベントや、遠野醸造TAPROOMでの提供を進めるなかで、本商品の改良を重ね、全国各地、ひいては世界にコオロギビールを届けていきたいとしています。

また、ビールづくりで残るビール粕をコオロギに与えてみたところ食いつきがよく、収穫したコオロギの味も優れていたそうで、今後は「ビール粕を餌にしたコオロギ」を使用した循環型ビールの開発にも取り組んでいくとしています。

 

「コオロギビール / Cricket Dark Ale」概要

使用素材
フタホシコオロギ(福島県産)、麦芽、ホップ、酵母
提供情報(都内)
イベント名:世界初のコオロギを使ったクラフトビール
コオロギビール POP-UP STAND by ANTCICADA

会期:2020年3月15日(日)~3月18日(水)<入場無料>
時間:10:00~23:00
場所:COMINGSOON 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ1F
TEL:03-6809-0964
提供情報(岩手)
提供スケジュール:3月15日(火)提供開始予定
場所:遠野醸造TAPROOM 岩手県遠野市中央通り10-15
Webサイト
「コオロギビール POP-UP STAND by ANTCICADA」イベント情報
遠野醸造 公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!