第1回 国際発酵・醸造食品産業展

山口市の秋川牧園が自社栽培ホップ&県産大麦使ったビール発売!

秋川牧園、山口地ビール「秋川牧園ホップの豊かなビール」

山口県で自社生産の鶏肉・卵・野菜・牛乳などを販売している秋川牧園(あきかわぼくえん)は2022年10月28日(金)、山口県初となる県産ホップおよび大麦を使ったビール「秋川牧園ホップの豊かなビール」を発売しました。

 


醸造は山口地ビールが担当

秋川牧園、山口地ビール「秋川牧園ホップの豊かなビール」

今年で創業50周年を迎えた秋川牧園が、自社農園で育てたホップと山口県産大麦を使って製造したという本商品。農薬や化学肥料を使わず、自社畜産で発生する畜糞堆肥を活用した野菜づくりを行う同社は、その技術を生かして2022年4月末から自社農園でホップ栽培をスタートしたそうです。

栽培したホップは「カスケード」「ザーツ」「カシミア」の3種。初めてのホップ栽培では、きゅうりなどの蔓野菜で使用するネットを活用した栽培だったそうですが、7月末には立派な実(毬花)を23kg収穫したとのこと。

 

秋川牧園、山口地ビール「秋川牧園ホップの豊かなビール」

そのホップを使い、同じ山口市内にある山口地ビールの協力を得て、今回は約1,000L、330mlボトルにして3,000本のビールが完成したとのこと。今後は栽培・収穫に改良を重ねながら、旬を感じる秋の風物詩のひとつとして毎年提供できるよう、栽培・生産を続けていきたいとしています。

併せて、今回の山口地ビールとの事業連携は、昨今のSDGsの観点から考えると「17:パートナーシップで目標を達成しよう」の達成はもちろん、同社の野菜生産部門における新たな価値創造につながる成果になったとしています。

 


「秋川牧園ホップの豊かなビール」概要

商品名
秋川牧園ホップの豊かなビール
内容量
330ml
原材料
麦芽(国内製造)、ホップ(山口県山口市産)
アルコール分
5%
価格
590円(税込)
販売方法
・秋川牧園直宅会員注文サイト
・秋川牧園直売店
販売本数
3000本 完売次第終了
Webサイト
秋川牧園 公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!