実山椒&茶葉使った祇園祭山伏山オリジナルクラフトビール発売!


(株)ジェイアール西日本デイリーサービスネットは2024年7月15日(月・祝)、ブリューパブスタンダードおよびNakatsu breweryへの製造委託により、祇園祭の山鉾である山伏山の保存会公認オリジナルクラフトビール「山伏山麦酒(やまぶしやまばくしゅ)」を数量限定発売します。

 


醸造はブリューパブスタンダードとNakatsu brewery

京都でヴィアイン京都四条室町を開業して以来、山伏山保存会との縁を大切に、地域との共生を築いてきたというジェイアール西日本デイリーサービスネット。「山伏山麦酒」は、お祭りにに賑わいを持たせ、「地域(山伏山全体)を一緒に盛り上げるきっかけとなれば」との想いで、昨年、山伏山保存会公認のオリジナルクラフトビールとして開発した商品です。

今年は、暑い夏にぴったりな新フレーバーとして京都府産「実山椒(みざんしょう)」「茶葉(ちゃば)」を使用した2種のビールを製造。「この時期に、この場所でしか購入できないクラフトビールを、ぜひ楽しんで欲しい」としています。

「山伏山麦酒 SESSION IPA 2024」概要

ジェイアール西日本デイリーサービスネット「山伏山麦酒(やまぶしやまばくしゅ)」

<実山椒フレーバー>
SESSION IPAスタイル(アルコール分4.5%)
爽やかな山椒とホップの香りが特徴で、ほのかなスパイシーさと軽やかな飲み口、程よい苦味がバランス良く、後味に心地よい清涼感を残すビールとしています。

山伏山麦酒 SAISON 2024

ジェイアール西日本デイリーサービスネット「山伏山麦酒(やまぶしやまばくしゅ)」

<茶葉フレーバー>
SAISONスタイル(アルコール分5%)
ベルギーの人々が農作業の合間に飲んだと言われる“セゾンビール”の特徴であるグレープフルーツの香りがしっかりと出ており、すっきりゴクゴク飲めるビールとのこと。後味に加えた宇治茶の香りや苦味が優しく感じられる味わいとしています。

 


「山伏山麦酒 SESSION IPA 2024」「山伏山麦酒 SAISON 2024」概要

場所
ヴィアイン京都四条室町前(京都府京都市中京区室町通錦小路上ル山伏山町)
価格
瓶・TAP(330ml)どちらも1本/杯 1,000円(税込)
※ 現金払いのみ
期間
2024年7月15日(月・祝)~16日(火)の2日間 両日とも12:00~21:00
※ 営業時間は変更となる場合があります。売り切れの際はご了承ください。
購入特典
山伏山麦酒オリジナルステッカー(各日先着300名様)
※ 商品購入の上、同社公式Instagram「@originalcraftbeer_jrwdsn」をフォローした方限定の特典です。
Webサイト
ジェイアール西日本デイリーサービスネット 公式Instagram

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!