ヤッホー、日ハム新球場を一望できる醸造所併設レストラン開業!

「そらとしば by よなよなエール」

ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)とファイターズ スポーツ&エンターテイメント(以下、FSE)は2022年3月10日(木)、2023年3月開業予定の北海道日本ハムファイターズ新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」内で、クラフトビール醸造所併設レストラン「そらとしば by よなよなエール(以下、そらとしば)」を開業すると発表しました。

 


日本初の球場内ブルーパブ

「そらとしば by よなよなエール」

FSE取締役の前沢賢(まえざわ・けん)氏[左]、ヤッホーブルーイング代表取締役社長の井手直行(いで・なおゆき)氏[右] <©H.N.F.>

FSEは2023年3月、日本ハム新球場をメインに、野球観戦に加え買い物やレジャーまで楽しめる総合施設「北海道ボールパークFビレッジ(Fビレッジ)」の開業を予定しています。そのFビレッジを「世界で一番ウェルビーイングな場所」にしていくというFSEと、そのビジョンに共感したヤッホーブルーイングが、日本で初めて球場内クラフトビール醸造所併設レストランとして開業するのが「そらとしば」です。

1年半ほど前に都内でヤッホーブルーイング井出氏らと話をして「変わった会社だな」と感じたというFSE前沢氏は、ヤッホーが「自分たちのリミッターを外してくれるような存在」であると感じ、何か一緒に何かやりたいと考えたそう。

一方、旭川生まれで北海道には特別な思いもあったという井出氏も、「どちらかと言えば保守的なプロ野球界のなか、日本ハムファイターズだけは以前から“異端”な印象を受けていた」とのこと。Fビレッジ開業にあたってFSEが掲げる“77億のグローバルなマーケットを相手にする”というスケールの大きさも魅力だったとしています。

 

フィールドが一望できるレストラン

「そらとしば by よなよなエール」

<©H.N.F.>

両社によると、フィールドを一望できる新球場内センターバックスクリーンで営業するクラフトビール醸造所併設レストランは世界初とのこと。2階建てレストランで、1階では年間80kL(予定)の醸造能力を持つビール醸造所が併設され、オリジナルクラフトビールの製造を行う予定としています。

2階では、屋根のない開放的ルーフトップでフィールドを一望しながら、1Fで醸造されたオリジナルビールが堪能できるとのこと。試合がない日も営業する予定で、定期的な醸造所見学ツアーやビールイベントなどの開催も計画。本醸造所でつくったビールは、客席販売員(売り子)、球場内飲食テナントの一部でも販売していくそうです。

 

目指すのは高揚感と“あずましさ”

「そらとしば by よなよなエール」

<©H.N.F.>

店舗名の「そらとしば」は、北海道の開放的な空と緑鮮やかな天然芝のイメージから着想したそう。コンセプトは「ほどよい高揚感とあずましさ()」。試合がある日はもちろん、試合がない日にも残る熱狂の余韻と、ルーフトップからの開放的な空を臨みながらビールを味える空間を目指していくとしています。

※ 気持ち良さ、心地よさ、落ち着く、ゆったりとした、などを意味する北海道の方言

 

「そらとしば by よなよなエール」概要

「そらとしば by よなよなエール」

<©H.N.F.>

名称
そらとしば by よなよなエール (略称:そらとしば)
所在地
北海道ボールパークFビレッジ「エスコンフィールドHOKKAIDO」内(北海道北広島市)
構造
2階建 (1階:レストランおよびクラフトビール醸造エリア、2階:ルーフトップレストラン)
延床面積
約895m2
開業時期
2023年3月(エスコンフィールド開業時期)
営業期間
通年営業
年間製造量
80kL(予定)
Webサイト
ヤッホーブルーイング 公式サイト
北海道ボールパークFビレッジ 公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!