第1回 国際発酵・醸造食品産業展

ALS治療開発支援のビールがよなよなビアワークス全店で提供!

ヤッホーブルーイング「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」

ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は2022年7月20日(水)より、限定ビール「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」を、よなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」全店にて数量限定で提供します。

本商品は、ALS筋萎縮性側索硬化症)の認知向上および治療開発や製薬研究の支援を目指す活動「Ales for ALS」の一環として製造されたビールであり、売上の一部はALS支援団体に寄付されます。

 


ビールづくりでALS治療薬開発等を支援

ヤッホーブルーイング「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」

重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患であり、有効な治療法はいまだ確立されていないというALS。このALSの認知向上・治療開発・製薬研究を支援すべく、米ヤキマバレーのホップ農家が2013年にスタートした活動が「Ales for ALS」です。現在は米国を中心に200以上のクラフトビール醸造所が参加するまでになりました。

 

ヤッホーブルーイング「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」

「Ales for ALS」に参加する醸造所は本活動のためにブレンドされたホップを無償で譲り受け、自由にクラフトビールを醸造。そのビール売上から1パイント(473ml)につき1ドルを、米国のALS支援団体「ALS THERAPYDEVELOPMENT INSTITUTE(ALS TDI)」に寄付する形となっています。

この「Ales for ALS」に2017年から日本国内で唯一参加しているヤッホーブルーイング。同社はこれまでも「宇宙兄弟ALSプロジェクト『せりか基金』」とのコラボ等、ALS支援のさまざまな活動を行っており、ALSの認知向上・治療開発・製薬研究の支援のために2017年~2021年の5年間で合計約320万円の寄付をしてきたとのことです。

 

トロピカルでジューシーな「ウエストコーストIPA」

ヤッホーブルーイング「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」

今回、ヤッホーブルーイングが「Ales for ALS」の一環として製造した「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」のビアスタイル(ビールの種類)はウエストコーストIPA。提供されたブレンドホップのトロピカルな香りを最大限生かせるスタイルを選択したとしています。

特徴は、パイナップルやマンゴー、パッションフルーツのようなトロピカルでジューシーな香り。ホップを2回に分けて加えることで、ホップそのものの香りと、酵母による化学変化で新たに生まれる香りの両方を引き出したそう。また、「ALSについて考えながらゆっくり味わって飲んでもらいたい」との思いから、アルコール度数は7.5%と高めに設計したとしています。

 


「Ales for ALS 2022 West Coast IPA」概要

製品名
Ales for ALS 2022 West Coast IPA
ビアスタイル
ウエストコーストIPA
アルコール度数
7.5%
販売価格
スモール 780円
レギュラー 1150円
パイント 1450円 ※税込
販売場所
YONA YONA BEER WORKS全店
提供開始
2022年7月20日(水)から
数量
全18樽
※ 無くなり次第終了
Webサイト
YONA YONA BEER WORKS 公式HP
ALES for ALS 公式HP

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!