アップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」が発売!

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

サンクトガーレン(神奈川県厚木市)は2021年9月24日(金)、長野県伊那市の“傷リンゴ”を活用したアップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」を秋冬限定で発売します。通常ラべル版のほか、ジャック・オー・ランタンを描いたハロウィンラベル版も10月末まで販売予定となっています。

 

約500個を焼きリンゴを投入

本商品の製造は、厚木市内の製パン店のオーブンを借りて、リンゴ約500個を焼きリンゴにするところからスタート。1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいくそうです。

ベースとなるのは、軽く焦がした「カラメル麦芽(モルト)」を特徴的に使用した琥珀色のビールです。カラメルソースのような甘く香ばしい風味をビールにもたらし、焼きリンゴなどの副原料が持つ風味が相まって、アップルパイのような味わいのビールになるとしています。

 

“傷リンゴ”の有効活用でSDGsに貢献

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

本商品に使用しているリンゴは長野県伊那市の“傷リンゴ”。風に揺られ枝と擦れて傷や割れがあったり、色や形(サイズ)にバラつきがあるなど、果物としての品質には問題なくとも通常品として売り物にならない果実を買い取って、ビールに加工しているそうです。

関係者によると、こうした傷リンゴは収穫量全体の3分の1にもなるそう。サンクトガーレンでは、それらを加工品として有効活用することで食品ロス削減につなげ、SDGs達成に貢献していくとしています。

1回の仕込みに使用するリンゴは約500個で、1シーズンでは2500~3000個を使う見込みとのこと。9月は「つがる」、 10月は「ジョナゴールド」「紅玉」「シナノスイート」 、そして11月は「ふじ」と、季節の移ろいとともに旬の品種を使っていくとのことです。

 

ハロウィンラベルも発売

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

通常ラベル版(左)とハロウィンラベル版(右)

また、日本ではハロウィンといえばカボチャですが、欧米ではリンゴも欠かせないものだそう。

それにちなみ、本商品ではラベルのリンゴ部分がジャック・オー・ランタンになった、ハロウィンギフトにもぴったりなハロウィンラベル版も10月末まで販売されます。

 

「アップルシナモンエール」概要

商品名
アップルシナモンエール(発泡酒)

※ 本商品は、ビールとしては日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため“発泡酒”表記となりますが、麦芽率は高いので税率はビールと同じになります。

発売日
2021年9月24日(金)~秋冬限定
内容量
330ml
原材料
麦芽、ホップ
副原料
りんご(長野県伊那市産)、メイプルシュガー、シナモン
アルコール度
5%
賞味期限
90日(要冷蔵)
スタイル
フルーツビール
使用麦芽
ペールエールモルト、ミュニック、クリスタル20°L、60°L、チョコレートモルト
使用ホップ
チノック、ウィラメット
IBU
18
希望小売価格
506円(税込)
販売場所
サンクトガーレン公式オンラインショップ、一部百貨店お酒売り場ほか、公式サイトに掲載
Webサイト
「アップルシナモンエール」公式情報ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!