果汁の氷で味が徐々に変化?新感覚ビアカクテル「BEER DROPS」

アサヒビール、大日本印刷(以下、DNP)、FULLLIFEの3社は協業で、若年層のビール新需要創造を狙った新しいビアカクテル「BEER DROPS」を開発しました。すでに2019年8月からアサヒグループの外食事業アサヒフードクリエイトの2店舗他でテスト販売を開始しており、今後は2020年6月までにアサヒビールのビール取扱い飲食店200店舗への導入を目指すとしています。

 

秘密は独自技術の「アイスボーール」

「BEER DROPS RED」(左)、「BEER DROPS GREEN」(右)

3社のオープンイノベーションにより実現したという今回の「BEER DROPS」は、FULLLIFE社が保有する特許技術の応用および独自技術(関連特許申請中)を用いて製造する、溶けにくい果汁氷(以下:「アイスボーール」(商標申請中))をビールに入れた商品です。

冷たさが維持されるとともに、「アイスボーール」がゆっくり溶けていくことで果物のフルーティな味わいや彩りがビールのなかで徐々に広がっていくという、新感覚のビアカクテルとしています。

現在は、スイカ・ピーチ・パインの「アイスボーール」が入った「BEER DROPS RED」と、キウイ・レモン・パインの「アイスボーール」が入った「BEER DROPS GREEN」2アイテムや、期間限定のフレーバーを展開中。

今後は主に20~30代の女性をターゲットとして、本商品を飲食店におけるビールの新しい飲み方として訴求していくとしています。

 

「BEER DROPS」の特長

1. FULLLIFEの独自技術による「アイスボーール」活用
100%天然物のイチゴポリフェノール配合により「アイスボーール」が氷の保形性を確保します。
2. ビールの冷たさを維持し、ゆっくりと飲める
「アイスボーール」は、果汁を凍らせただけの果汁氷と比べて約6倍の時間、溶けずに球状を保ち続けながら、ビールの冷たさを維持します。
3. 徐々に溶け出してフルーティな味わいへ変化
各「アイスボーール」の原料果実に由来する味わいが徐々にビールのなかで溶け出し、味わいが変化していきます。「アイスボーール」は混ぜてビアカクテルにできるほか、そのままデザートとしても楽しむことができます。
4. 可愛く鮮やかな色あいが楽しめる
果汁の色をイメージした鮮やかな色合いと見た目に可愛い「アイスボーール」がビールの中にあり、SNS映えも。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!