Far Yeast Brewing、テタールヴァレとコラボビール「Abbey Baby!」を1月21日発売

2018-01-24

限定醸造「Far Yeast Abbey Baby!」

Far Yeast Brewingは2018年1月21日(日)より、大阪市のブルーパブ Brewpub Têtard Vallée(テタールヴァレ)とのコラボレーションによる限定醸造ビール「Far Yeast Abbey Baby!(ファーイースト アビィベイビー)」を発売します。

 

トラピスト酵母で発酵後、ワイン酵母で2次発酵

限定醸造「Far Yeast Abbey Baby!」

仕込み釜にモルトを投入する様子

「Far Yeast Abbey Baby!」は、Brewpub Têtard Valléeのアビィスタイルビール「ご来光浴ビィ」をベースにアレンジを加えたベルジャンアビィエールです。トラピスト酵母で1次発酵後、ワイン酵母による2次発酵を加えることで、より豊かで円熟なアロマが感じられる仕上がりになったとしています。

また、新種のホップ「HBC431」によるドライホッピングに加え、Far Yeast Brewingとしては初めて「ハラタウブランホップ」も使用。発酵温度も定番商品と異なるなどして、コラボレーションらしい「単独では出せなかった味」を実現したとのことです。

ちなみに、Têtard Valléeの「Têtard」とはおたまじゃくし(かえるの「赤ちゃん」)のこと。「ご来光浴ビィ」をベースとして新しいコラボビールが「誕生」したことから、今回のビールを「Abbey Baby!」と名付けたそうです。

まずは1月21日(日)、Brewpub Têtard Valléeで行われるリリースイベントを皮切りに、関西エリアで先行販売を予定。その後、樽・ボトルともに1月24日(水)より全国販売開始となります。なお、Far Yeast Brewing公式オンラインストアではすでに予約可能です。

限定醸造「Far Yeast Abbey Baby!」

仕込み完了後、両ブルワーとともに

~Brewpub Têtard Vallée 北田耕大氏、足立裕介氏より~

大阪で100種類以上のビールを醸造してきましたが、ベルジャンスタイルで新たな挑戦をすべくFar Yeast BrewingさんとAbbey Baby!を作り上げました。2社の個性で攻めた新時代のアビィエールの誕生です!

 

~Far Yeast Brewing株式会社 醸造チームより~

両社の醸造技術を混合し、昇華させたことで、2種のホップを贅沢に使用した「Abbey Baby!」が誕生しました。冬の寒い日にこそ、ホップと酵母の香り・モルトの味わいをゆっくり楽しんでもらいたい1品です。

 

 

概要「Far Yeast Abbey Baby!」

販売開始日
・関西 1月21日(日)
・全国 1月24日(水)
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽・小麦・ホップ・糖類(二次発酵用)
アルコール度数
7.0%
ビアスタイル
アビィエール
仕様
15L樽及び330mlボトル
Webサイト
公式ストア「Far Yeast Abbey Baby! 6本セット」
公式ストア「Far Yeast Abbey Baby! 12本セット」
※ 配送は1月下旬頃を予定。別商品と一緒に注文した場合、本商品と同時の配送になります。
先行リリースイベント情報
日時:2018年1月21日(日)15:00〜17:00
場所:Brewpub Têtard Vallée
(大阪府大阪市中央区大手通1-1-2 アトランティス21ビル1F)
Facebookイベントページ:コラボビール”Abbey Baby!”リリースパーティ
※ イベントへの参加の場合はチケットが必要です。また定員がございますのでご注意ください。
※ コラボビールは終日お楽しみ頂けますので、イベント外のお時間にもお気軽にご来店ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ