Far Yeast Brewing、桃と3種の柑橘類を使った「ももシトラスゴーゼ」を4月5日発売

2018-04-07

Far Yeast Brewing「Far Yeast ももシトラスゴーゼ」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2018年4月5日(木)、クラフトビールブランド「Far Yeast」の限定醸造ビール「Far Yeast ももシトラスゴーゼ」(ファーイースト モモシトラスゴーゼ)を発売します。

 

桃・晩白柚・ゆず・八朔を贅沢に投入

桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」の桃

熊本県八代産の晩白柚

上写真:桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」の桃、下写真:熊本県八代産の晩白柚(Far Yeast Brewing公式Webサイトより)

本商品は、と、晩白柚(ばんぺいゆ)・ゆず八朔(はっさく)の柑橘類3種、そして塩を使用した「フルーツゴーゼ」というビアスタイル。同ブルワリー初の「ゴーゼ()」でもあります。

※ 乳酸菌と塩を加えてつくられるドイツ・ライプツィヒ発祥のビアスタイル(種類)。酸味、酵母由来のスパイシーなキャラクター、そして爽やかさが一体となった複雑な味わいが特徴。

桃は、同社「Far Yeast Peach Nightcrawler」でも使用した、山梨県山梨市の桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」の桃ピューレになります。また、晩白柚は大きいもので直径約25cmにもなる世界最大級の柑橘類。国内では約95%以上が熊本県で生産されていて、本商品でも名産と言われる熊本県八代産を使用したそうです。

さらに今回は3種の柑橘類に加えて「シトラ」と「モザイク」のホップを使用したことで、ホップ由来の柑橘風味も加わり、甘みと酸味がバランスした新しいフルーツゴーゼに仕上がったとしています。

~Far Yeast Brewing株式会社 醸造チームより~

「桃を使ったビール第2弾は、ケトルサワーリングによる乳酸発酵を行なったフルーツゴーゼスタイルです。桃の甘いアロマと3種の柑橘による爽やかなシトラス香、乳酸発酵の酸味に塩を加えた、複雑かつ上品なテイストをお楽しみいただければと思います。」

本商品は樽とボトルの2商品で展開予定。樽・ボトルともに4月5日(木)より全国で販売開始の予定となっています。

 

概要「Far Yeast ももシトラスゴーゼ」

販売開始日
2018年4月5日(木)
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽・小麦・桃・晩白柚・ゆず・八朔・ホップ・塩・糖類(二次発酵用)
アルコール度数
4.5%
IBU
10
スタイル
フルーツゴーゼ
仕様
15L樽および330mlボトル
Webサイト
「Far Yeast Brewing」公式ストア
※ 公式ストアページでは4月中旬頃からの発売予定

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ