favyが各地のブルワリーとともに“日本のエールフェス”を開催!

favy「ジャパニーズエールフェス2022」

グルメメディアfavyを運営する(株)favyは2022年3月より、全国各地のクラフトビール醸造所(以下、ブルワリー)とともに、オンラインとリアル店舗で連動したクラフトビールイベント「ジャパニーズエールフェス2022」を開催します。

 


多数のブルワリーが参加を表明

favy「ジャパニーズエールフェス2022」

特定のテーマに沿って参加ブルワリーがそれぞれ醸造したオリジナルビールの情報を発信していくfavyのクラフトビールイベント。「ジャパニーズラガー」をテーマにした前回開催(2021年7月1日~12月31日)では、全国各地から21ブルワリーが参加し、個性豊かなクラフトビールが終結。期間中の10月には都内銀座にて、9ブルワリーが参加して「ジャパニーズラガー」の飲み比べを行うオフラインイベントも開催され、大きな反響を呼んだそうです。

今回開催のテーマは「ジャパニーズエール」。参加ブルワリーがそれぞれ考える“日本のエール”を醸造したうえで、グルメメディアfavyに紹介記事を掲載。購入できる店舗や飲食店などを紹介する一方、favy直営店(東京・銀座を含む全国4箇所を想定)でもイベントを実施して、消費者に広くアピールしていくとしています。

 

実施内容・参加資格に関して

ビールフェス開催時期
2022年3月1日(火)〜5月31日(火)予定。
内容
第2回のテーマは「ジャパニーズエール」
※「エール」のビールであれば既存のクラフトビールでも、このイベントに合わせて醸造したクラフトビールでも参加可能です。
参加費用
参加費用は無料、製造にかかる原価はご負担ください。
参加ブルワリー様に行っていただくこと
イベントに向けたエールビールの醸造と、期間中のお客様への販売・提供(店舗での提供、ECでの販売など提供スタイルは問いません)。
※ 詳細はご参加予定の各社様と調整をさせていただきます
ビールフェス参加特典
・​月間6,700万人が利用するグルメメディアfavy(https://www.favy.jp/)で、各ブルワリーの紹介記事を無料で1本作成(都内周辺は訪問取材を予定)。
・イベントにおける広報活動はfavy主導で実施(各店ごとの広報活動もご相談に乗ります)。
・ご希望があれば、favy運営の飲食店で醸造いただいたビールの提供を行います。
・参加店舗間の仕入のご希望があれば、お繋ぎいたします。
※ 内容は多少変わる可能性がございます
イベント賛同ブルワリーの一部
Y.Y.G BREWING(東京都・渋谷区)、Diamond Brewery(滋賀県・近江八幡市)、OGA BREWING(東京都県・三鷹市)、秩父麦酒醸造所(埼玉県・秩父市)、マイヤーブルワリー(山口県・岩国市)、松江地ビールビアへるん(島根県・松江市)、Golden Rabbit Beer(奈良県・奈良市)、ビール工房Spica(神奈川県・横浜市)、Nomcraft Brewing(和歌山県・有田郡)、EBINA BEER(神奈川県・海老名市)、ホップガーデンブルワリー(福島県・田村市)、いわて蔵ビール(岩手県・一関市)、六甲ビール醸造所(兵庫県・神戸市)、こまいぬブルワリー(千葉県・柏市)、ブルーウッドブリュワリー(和歌山県・有田郡)…etc
※ ほかにも多くのクラフトビールブルワリー様より参加表明をいただいております
参加申込、資料請求について
ご参加いただける企業様・店舗様はこちらよりお申し込みくださいませ。
https://form.run/@favy-craftbeerfest
「ジャパニーズエールフェス」公式サイト
https://subsc.favy.jp/cp/japanese_ale_festival_2022

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!