「ワールド・ビア・アワード2015」受賞ビール「富士桜高原麦酒ミュンヘンラガー」が5.26(金)に発売

2017-09-13

 

富士観光開発は2017年5月26日(金)、「富士桜高原麦酒(ふじざくらこうげんビール」ブランドの限定醸造ビール「ミュンヘンラガー」を発売しました。

独ミュンヘンで親しまれているビアスタイル「へレス」をベースに醸造されたこの「ミュンヘンラガー」は、比較的苦みの少ないラガービール。新鮮なモルトの風味を特徴とするほか、スパイシーなホップを使用することで喉ごしのよいビールに仕上がったとしています。アルコール度数は5.0%、IBU(International Bitterness Units:国際苦み単位)は20となります。

本商品は、2015年にイギリスで開催された「ワールド・ビア・アワード2015」のへレス/ミュンヘナー部門にて「World’s Best Helles/Munchner」を受賞したビールでもあります。

樽生では6月2日(金)~11日(日)まで、東京・日比谷公園で開催されるドイツビールの祭典「日比谷オクトーバーフェスト2017~SPRING~」の会場や、六本木の富士桜高原麦酒直営店「BeerBar富士桜Roppongi」などで提供予定。また、ボトル製品は醸造元である地ビールレストラン「シルバンズ」の売店やインターネット通販(楽天市場:富士山からのおくりもの)にて購入可能です。ただし、在庫等についてはあくまで本記事公開時点(2017年5月27日[土])の情報なので、ご自身でも必ず確認してください。

数量限定ですから飲めるチャンスはわずか。ぜひこの機会に、海を越えて世界が認めた“日本発ジャーマンスタイルビール”を堪能してみてはいかがでしょうか♪

富士桜高原麦酒 ミュンヘンラガー
原材料:麦芽、ホップ
アルコール度数:5.0%
IBU:20
<以下、ボトル製品情報>
発売日:2017年5月26日(金)
内容量:330ml
希望小売価格:1本460円(税別)
販売場所:地ビールレストラン・シルバンズ
公式販売サイト:富士山からのおくりもの(楽天市場内)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAlwaysLoveBeerをフォローしよう!