新ジャンル「冬の鬼ビター」発売!IPAをイメージして苦味を強調

サントリービールは2020年12月15日(火)、IPAインディアペールエール)スタイルの味わいをイメージしたという冬季限定の新ジャンル商品「冬の鬼ビター」を、全国で数量限定発売します。

 

度数6%で飲みごたえもUP

「冬には深みのある味わいを楽しみたい」との顧客ニーズに応え、「苦み」に着目したという本商品は、苦味の強いビアスタイル(ビールの種類)である「IPA」の味わいをイメージ。

ビターホップの特長を引き出すことで、過去5年で発売された同社新ジャンルのなかでも一番の苦み()を実現したとのこと。また、アルコール度数は6%と高めに設定し、飲みごたえも楽しめる仕上がりにしたとしています。

※ 2015~2019年に発売した同社リキュール(発泡性)①商品との比較において苦味価が最大

 

「冬の鬼ビター」概要

容量
350ml、500ml
アルコール度数
6%
希望小売価格
設定なし
発売期日
2020年12月15日(火)
発売店舗
全国
品目
リキュール(発泡性)①
Webサイト
「冬の鬼ビター」ホームページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!