ビール片手に船上で極上の夕涼み! 大阪・旧淀川と滋賀・びわ湖で夏のビアクルーズが運航

2018-06-12

「ひまわり納涼ビアクルーズ」と「湖上夕涼み びわ湖 ビア・ボート」

6月後半から9月にかけて、大阪の旧淀川(大川)で「ひまわり納涼ビアクルーズ」、滋賀のびわ湖で「湖上夕涼み びわ湖 ビア・ボート」という2つのビアクルーズがそれぞれ運航されます。

ビアガーデンやビール列車とともに、夏にぴったりの納涼ビール体験として最近各地で人気を集めるビアクルーズ。今回ご紹介するクルーズはどちらも運航期間が2~3か月と長いので、地元の方々はもちろん、旅行等で関西を訪れる方々にもぜひレジャーのスケジュールに組み込んでみていただきたいと思います。

 

ビール片手に“水都大阪”の粋な夕涼み

大阪水上バス「ひまわり納涼ビアクルーズ」

まず、大阪市の旧淀川では、大阪水上バスが2018年7月5日(木)~8月31日(金)の水曜日から日曜日、クルーズ船「ひまわり」による「ひまわり納涼ビアクルーズ」を運航します。

天満橋・八軒家浜船着場を発着地として、中之島に沈む夕日を眺めながら進む約90分間のクルーズ。船内では特製の和風弁当に加え、ビール・ハイボール・ソフトドリンク等の飲み放題が乗船料込で5,500円(税込)と、リーズナブルな価格で提供されます。

金曜日の運航では船上デッキライブも開催される予定。その昔、夏は涼を求めて水辺に集っていた大阪の人々のあいだで、船上で夕暮れ時を過ごす「舟遊び」は大人気だったそうです。現代も変わらず粋な“水都”の夕涼みを、現代らしくビールとともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

概要「ひまわり納涼ビアクルーズ」

運航日
2018年7月5日(木)~8月31日(金)の水曜日~日曜日
※ 運休:月曜日(祝日は運航)、火曜日、7/7・8・25、8/12、イベント開催日、貸切運航時、荒天時
出航時間
19:00出航
乗下船港
八軒家浜船着場(大阪市中央区天満橋京町1-1)
※ 京阪電車・地下鉄谷町線天満橋駅 徒歩5分
所要時間
約90分
乗船料金
大人5,500円(乗船料、弁当代・飲み放題込、税込)
※ 浴衣で参加の方は200円OFF
予約
3日前までに要予約
大阪水上バス予約センター:06-6942-6699(9:00~17:00)
その他注意事項k
天候・潮位によりやむを得ず運休・コース変更・時間変更になる場合があります。
Webサイト
「ひまわり納涼ビアクルーズ」公式情報

 

クルージングに華を添える夜の湖面とヱビス

琵琶湖汽船「びわ湖 ビア・ボート」

船上からの風景(イメージ)

一方、滋賀県(大津市)の琵琶湖では琵琶湖汽船が2018年6月20日(水)~2018年9月13日(木)の水・木・金曜日、高速船「メグミ」による「びわ湖 ビア・ボート」を運航します。

大津港に停泊した「メグミ」船内で17時30分にスタートしたのち、18時30分からと19時30分からの2回、約45分間のクルージングタイムを経て大津港着船まで続く今回のクルーズ。船上では「ヱビス」「琥珀ヱビス」樽生やワイン等ドリンク8種の飲み放題や食べ放題のおつまみブッフェが、こちらも乗船料込みの5,000円というおトクな価格で提供されます。

大津港に停泊中は乗下船が可能ということで途中からでも利用できるほか、事前予約も不要とのこと。ぜひ気軽に参加して、美しいびわ湖の夕景・夜景、そして樽生ビールに目を細めながら、優雅に暑気払いを行ってみてはいかがでしょうか。

概要「湖上夕涼み びわ湖 ビア・ボート」

運航日
2018年6月20日(水)~9月13日(木)の水・木・金曜日
※ 運休があります。詳しい日程は同社公式サイトをご覧ください。
就航船
高速船 メグミ(総トン数122トン、旅客定員200名)
営業場所
大津港(大津市浜大津5-5-1)
※ 京阪電車「びわ湖浜大津」駅より徒歩約3分
営業時間
17:30~20:15
※ うち、大津港発着にて18:30~19:15および19:30~20:15の2回、45分間のクルージングタイム有
料金
1人5,000円(乗船料、飲食代、税込)
※ 小人料金の設定はありません
定員
40名
※ 当日予約なしで利用できますが、満席の場合は参加できない場合があります。
※ 団体での利用の場合は要事前予約。
予約・問い合せ
琵琶湖汽船株式会社 予約センター:077-524-5000(9:00-17:00)
Webサイト
琵琶湖汽船公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ