「一番搾り〈黒生〉」がリニューアル!低温麦汁ろ過製法でより芳醇に

投稿日時 更新日時2019-08-13

キリンビール「キリン一番搾り〈黒生〉」

キリンビールは、同社「一番搾り」ブランドの黒ビール「キリン一番搾り〈黒生〉」をリニューアルのうえ、缶商品は2019年8月中旬製造品から、樽詰生・小びんは10月上旬製造品から順次切り替えを行います。

 

黒ビール市場は秋から冬にかけて拡大

 

キリンビールによると黒ビール市場は秋から冬にかけて間口が拡大する傾向にあるとのこと。そのなかで同社の「一番搾り〈黒生〉」は、麦汁ろ過工程において最初に流れ出る一番搾り麦汁を使う「一番搾り製法」をベースとした雑味のない芳醇なおいしさで評価を得ており、2018年10~12月の販売数量()は前年比約1割増と大きく伸長したそう。

※ インテージSRI調べ。2017年・2018年10~12月で比較

そんな「一番搾り〈黒生〉」が、今回のリニューアルでは「キリン一番搾り生ビール(以下、一番搾り)」同様の低温麦汁ろ過製法を新たに採用。また、麦芽の配合の工夫を行い雑味や渋味をより低減させ、芳醇なうまみが感じられながらも、さらに飲みやすいおいしさを実現したとしています。

 

「キリン一番搾り〈黒生〉」概要

発売地域
全国
発売日
2019年8月中旬製造品より順次切り替え
※ 樽詰生・小びんは10月上旬製造品より順次切り替え予定
容量/容器
350ml/缶・小びん、7L・15L/樽詰生
価格
オープン価格
アルコール分
5%
販売予定数
約30万ケース(約4,000KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール岡山工場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ