「麦とホップ 東北の香り」が東北で発売!東北産ホップ2種使用

サッポロビール「サッポロ 麦とホップ 東北の香り」

サッポロビールは2021年6月22日(火)、同社新ジャンル/第三のビール「麦とホップ」ブランドから、東北産ホップを使用した限定品「サッポロ 麦とホップ 東北の香り」を東北エリア限定で発売します。

 

信州早生とリトルスターを計50%以上使用

ここ数年夏に向けて限定発売され話題を呼んでいた「サッポロ 麦とホップ 東北の香り」。今年はサッポロビール仙台工場50周年の節目の限定醸造ということで、東北の地で育った2種類のホップ「信州早生」(岩手県産と青森県産ブレンド)と「リトルスター」(岩手県産)を合わせて50%以上使用したとのことです。

そうしてホップの個性をていねいに引き出すとともに、香りづけに使用する東北産ホップも「麦とホップ 東北の香り2020」比で1.2倍に増量し、爽やかな一杯を楽しめる仕上がりにしたとしています。

 

「サッポロ 麦とホップ 東北の香り」概要

商品名
サッポロ 麦とホップ 東北の香り
パッケージ
350ml缶、500ml缶
品目
リキュール(発泡性)②
発売日
2021年6月22日(火)
地域
東北エリア(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)
アルコール分
5%
中味特長
・2種類の東北産ホップを使用
・香り付けに使用する東北産ホップを1.2倍に増量
・夏らしい爽やかな味わい
価格
オープン価格
販売計画
4万5,000ケース(633ml×20本換算)
Webサイト
「麦とホップ」ブランドサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!