廃棄予定の摘果みかんを有効活用した「青みかんIPA」が発売!

NUMBER NINE BREWERY「青みかんIPA」

レストラン事業を展開するHUGEは2022年3月14日(月)、横浜みなとみらいのレストラン「QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)」内に併設するクラフトビール醸造所、NUMBER NINE BREWERY(ナンバー ナイン ブリュワリー)から、摘果みかんを使用したビール「青みかんIPA」を発売しました。

 


爽やかな酸味と香りをビールに活用

NUMBER NINE BREWERY「青みかんIPA」

本商品は、神奈川県内の農家の方から摘果みかんを買い取ってジュースやドレッシングに加工販売しているアマンダリーナ合同会社の代表、奥井奈都美氏との出会いで誕生したというビールです。

青みかんは温州みかんの若い果実。ただ、木になるみかん全てが熟すと一つひとつが小ぶりになり味も落ちてしまうため、実が青いうちに摘果(間引き)するそう。そのなかで、爽やかな酸味と香りの果汁に溢れている摘果みかんを捨ててしまうもったいないと考えた奥井氏が、旬となる8月の時期を逃さずに摘果されたみかんを購入。若いみかんのフレッシュな味と香りを一年中楽しめるよう、そのままでは棄てられていた青みかんを保存がきくジュースやドレッシングにしているとのことです。

 

手搾りストレート果汁も贅沢に投入

NUMBER NINE BREWERY「青みかんIPA」

今回、NUMBER NINE BREWERYのブルーマスターを務める齋藤健吾氏が、そんな摘果みかんを初めて齧ったとき、爽やかな酸味と素晴らしい香りにインスピレーションを感じ、青みかんを使ってほろ苦く爽やかでシトラス感溢れるIPAをつくろうと決意。

今回は150kgの青みかんで1,000Lを醸造。シトラス系のホップを大量に使用したほか、みかんの手搾りストレート果汁もふんだんに投入し、青みかんの良さを最大限に引き出したとしています。

そうして完成した本商品は、一口目からこれまでにない果実味が喉を潤してくれる仕上がりになったとのこと。爽やかなホップのアロマと、あとから追ってくるフレッシュみかんの香り、最後にみかんを皮ごと絞ったようなほろ苦さとモルトの余韻が残る味わいが楽しめるとしています。

 

「青みかんIPA」概要

NUMBER NINE BREWERY「青みかんIPA」
商品名
青みかんIPA
アルコール度数
5.5%
スタイル
Fruit IPA
IBU
51.7
オンラインショップ「HUGEst」での販売価格
・青みかんIPA 6本セット:4,320円(税込)
・青みかんIPA &定番クラフトビールMIX 6本セット:4,200円(税込)
※ 青みかんIPA×3本、「Hammer Head Ale」「QUAYS Pilsner」「#9 Hazy」各1本
Webサイト
HUGEオンラインショップ「HUGEst」
アマンダリーナ HP

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!