サッポロビール、大正2年生まれの「サクラビール」現代版を発売!

サッポロビール「サッポロ サクラビール」

サッポロビールは2022年2月22日(火)、1900年代前半に九州初のビール工場で製造され、アジア各地にも輸出されていたという「サクラビール」を現代風にアレンジした「サッポロ サクラビール」を数量限定発売します。

 

当時の文献を読み込んでアレンジ

サッポロビール「サッポロ サクラビール」

本商品は、1912年(明治45年)に九州で創業した帝国麦酒(株)が、1913年(大正2年)に竣工した九州初のビール工場(※1)で製造を開始し、アジア各地にも輸出され世界で親しまれていたという「サクラビール」をモデルとしたもの。

今回の製品化にあたっては、サッポロビールの醸造者が当時の文献を読み込んだうえで、現代の顧客嗜好に合わせてアレンジを加えたとのこと。香ばしいコクと、すっきりとしたのどごしを両立させたバランスの良い味わいに仕上げたとしています。

なお、1942年(昭和17年)頃まで「サクラビール」を製造していた当時の工場は、サッポロビールの前身となる大日本麦酒(株)が1943年(昭和18年)に継承。その後2000年(平成12年)まで、87年にわたりビール製造の歴史を繋いできたそうです(※2)。

※1:北九州市門司区(旧門司市)に竣工。現在は“門司赤煉瓦プレイス”として、ビール文化や歴史を発信し続けています。
※2:2000年(平成12年)に閉鎖されたサッポロビール(株)九州工場は同年、大分県日田市に現在のサッポロビール九州日田工場として移管。主に九州および近畿・中国・四国エリア等への供給を担う生産拠点となっています。なお、本商品の製造工場は九州日田工場、千葉工場、静岡工場となります。

 

「サッポロ サクラビール」概要

商品名
サッポロ サクラビール
パッケージ
350ml缶、500ml缶
品目
ビール
アルコール分
5%
純アルコール量
4.0g(100mlあたり)
発売日
2021年2月22日(火)
発売地域
全国
価格
オープン価格
中味特長
香ばしいコクと、すっきりとしたのどごしを両立させたバランスの良い味わい
製造工場
九州日田工場、千葉工場
販売計画
13万ケース(大びん633ml×20本換算)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!