キリンがフレッシュホップビール発売!収穫したての「IBUKI」使用

キリンビールは2021年11月、収穫したての日本産ホップを生のまま凍結して醸造に使用したというビール「SPRING VALLEY JAPAN HOP 2021」を、「Tap Marché(タップ・マルシェ)」、キリンオンラインショップ「DRINX」、スプリングバレーブルワリー各店、そして会員制生ビールサービス「KIRIN Home Tap(キリン ホームタップ)」で数量限定で提供開始します。

 

収穫後すぐ凍結したホップを使用

ホップの球果(写真はイメージです)

ホップの球果(写真はイメージです)

ホップの一大産地である岩手県遠野市で今年収穫したばかりのホップを使用し、華やかな香りと芳醇な味わいを引き出したという「SPRING VALLEY JAPAN HOP 2021」。目指す香りを実現するため、フローラルで華やかな香りが特長の希少な日本産ホップ「IBUKI」を、収穫後すぐに生のまま凍結してビール醸造に使用したそうです。

また、今年はキリングループのスプリングバレーブルワリーが、日本産フレッシュホップに関わる原材料生産者やビール醸造家をつなげ、日本ならではのビアカルチャーを創造するという日本産ホップ推進委員会主催の「フレッシュホップフェスト2021」に参加。11月13日(土)15:00~18:00の第2回オンライン配信でも、スプリングバレーブルワリー京都ヘッドブルワーの辻峻太郎氏が登壇する予定としています。

<フレッシュホップフェストオンライン>
https://japanhop.jp/fhf2021/online/

 

「SPRING VALLEY JAPAN HOP 2021」概要

商品名
「SPRING VALLEY JAPAN HOP 2021」
原材料
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、糖類(乳糖)
容量容器
1Lペットボトル・3Lペットボトル・330mlびん・15L樽
発売日/販売場所
【3Lペットボトル】2021年11月1日(月)/「Tap Marché」設置飲食店の一部店舗
【330mlびん・15L樽】2021年11月4日(木)/キリンオンラインショップ DRINX、スプリングバレーブルワリー東京・横浜・京都店
【1Lペットボトル】2021年11月11日(木)/「KIRIN Home Tap」
アルコール分
6.5%
酒税法上の区分
ビール
Webサイト
キリンオンラインショップ DRINX
スプリングバレーブルワリー東京・横浜・京都店

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!