「タップ・マルシェ」が台湾で本格展開!まずはSVBの5液種から

キリンビールは2020年7月より、台湾にて同社の飲食店向けクラフトビールサービングシステム「Tap Marchéタップ・マルシェ)」の本格展開をはじめました。海外での「Tap Marché」取り扱いは台湾が初。まずはスプリングバレーブルワリー(SVB)の5液種から展開するとしています。

 

“クラフトビール比率”は日本の約5倍

「Tap Marché」とは、1台で4種のビール提供が可能なキリンビール開発の小型ディスペンサーによって、多様なクラフトビールを気軽に楽しめるというシステムです。

複数種類のクラフトビールを手軽に提供できることで高い評価を得ており、2017年4月の首都圏1都3県での展開を皮切りに、2019年末時点では日本国内で約13,000店の取り扱い規模となりました。

一方、台湾でも個性豊かで多様なクラフトビールは若年層を中心に支持が高まっており、クラフトビールを取り扱う店舗は年々増加。クラフトビールの醸造所も過去5年で約2倍(※1)に増えているほか、ビール市場構成比に占めるクラフトビールの割合は段階的に高まっており、2019年には日本の約5倍にあたる約5%(※2)となったそうです。

こうしたクラフトビールの需要拡大により、飲食店にも幅広いビールラインアップが求められているなか、キリンビールは「Tap Marché」を2019年11月から台湾でテスト展開をスタート。手軽に複数種類の液種が提供できることと、個性豊かなスプリングバレーブルワリー(以下、SVB)ブランドが高く支持され、今年7月から本格展開を開始することになったとしています。

※1 台湾経済部への登記数を基にキリンビールにて計算。
※2 キリンビール調べ。日本のビール類市場における2019年のクラフトビール割合は0.9%程度。

 

台湾における「Tap Marché」展開概要

名称
「Tap Marché(タップ・マルシェ)」
展開開始月
2019年11月よりテスト展開開始、2020年7月より本格展開開始
※ 日本では2017年4月に展開を開始、2018年3月14日(水)より全国展開開始
展開エリア
台湾の飲食店
展開ブランド
スプリングバレーブルワリーの下記5液種
496」「on the cloud」「JAZZBERRY」「Afterdark」「Daydream
展開目的
「Marché(市場)」のように、個性豊かで多様なクラフトビールと多くの顧客が出会い、気軽に楽しむ「場」を実現することで、台湾の顧客の期待に応えるとともに、日本のクラフトビールの品質の高さをしっかり伝えることで、両国のクラフトビール市場の活性化を目指すとしています。
容器について
複数のクラフトビールの販売に適した3L小型ペットボトル容器を採用しました。
専用ディスペンサーについて
1台で4種類のクラフトビールが提供でき、省スペースで、容易に3L小型ペットボトル容器を交換できるディスペンサーです。飲食店が複数のラインアップの中から自店にあったクラフトビールを選ぶことが可能で、料理とクラフトビールを合わせた多様な提案ができます。また、取り扱うクラフトビールを変化させることで、顧客に選べる楽しさ、新しい発見を提供できます。
Webサイト
「Tap Marché(タップ・マルシェ)」公式Webサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!