第1回 国際発酵・醸造食品産業展

恵比寿の駅ナカに誕生!ヱビスのビアバー「TAPS BY YEBISU」

「TAPS BY YEBISU」

サッポロビールは2022年9月、JR東日本クロスステーションとの共創プロジェクトとして、都内渋谷区のJR恵比寿駅東口構内に、“駅と街をつなぐ新しい駅ナカ業態”のビアバー「TAPS BY YEBISU」をオープンしました。

 


多彩なヱビスが楽しめるビアバー

「TAPS BY YEBISU」

1890年、現在の恵比寿ガーデンプレイス、当時の目黒村・三田にて誕生した「ヱビスビール」。その後、同地にはヱビスビールを輸送するための駅「恵比寿停車場」が新たにつくられ、やがて「恵比寿駅」となり、のちに「恵比寿」という街の名となりました。

そんな、街、そして駅の名になったビールブランド「ヱビス」の名を冠し、恵比寿駅の東口構内にて「ヱビスビール」ほか、「琥珀ヱビス プレミアムアンバー」など数種のヱビスブランド商品を提供するという「TAPS BY YEBISU」。季節限定のラインナップに加えて、5種類のヱビスから組み合わせを選ぶビアブレンドなど、多彩なビールの楽しみ方を体験できるとしています。

 

恵比寿の街の飲食店ともコラボ

「TAPS BY YEBISU」

また、フードメニューは“TAP&GO”をコンセプトに、好みに合わせてセレクトでき、駅ナカならではの短時間で楽しめる小皿料理をはじめ、オリジナル和香ソーセージ、ヱビスビールの味わい引き出すフリット、さらには煮込み料理などを提供。さらに、恵比寿の街の飲食店と定期的にコラボレーションを行い、“恵比寿の街の逸品”として「特製ポテトサラダ」もラインナップされます。

内装は、1988年まで恵比寿の街にあったヱビスビールの工場をイメージ。赤レンガのカウンターやビール醸造に用いる銅製の釜をモチーフにした、カッパー色の照明・インテリアを施し、「過去・現在・未来」を感じられるデザインとなりました。ファサードは開放的な入口とし、店内中央に設置したビッグハイテーブルを中心に、気軽に立ち寄れて、賑わいのある空間が演出されています。

このほか、店内では“Edit by YEBISU”のコンセプトのもと、恵比寿の街やヱビスをさらに知り、楽しみたくなる書籍・音楽・アート・カルチャーを定期的に編集し、展示するとしています。

 


「TAPS BY YEBISU」概要

店名
TAPS BY YEBISU
開店日
2022年9月16日(日)
営業時間
平日7:00~22:30(ラストオーダー22:00)
土日祝11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
年中無休(年末年始除く)
住所
JR恵比寿駅東口構内
席数
30席
事業運営者
(株)JR東日本クロスステーション
協賛
サッポロビール(株)
Webサイト
ヱビスブランドサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!