栃木の醸造家とともにビールをつくろう!「クラフトビアチャレンジ」募集は4月25日まで

2018-04-14

栃木クラフトビアチャレンジ2018

一般ビール愛好家の方々が、栃木県で活躍するビール醸造家の方々とクラフトビールづくりにチャレンジできるというイベント「クラフトビアチャレンジ2018」にて、現在参加者の募集が行われています。締め切りは2018年4月25日(水)。

 

自分がイメージするビールをつくる!

クラフトビアチャレンジ

(画像は道の駅ろまんちっく村HPよりキャプチャ)

「クラフトビアチャレンジ」は、今年で9回目を迎える「栃木クラフトビアフェタ」にあわせて行われるイベント。一般応募者のなかから選ばれた方々が、ご自身がイメージするビールのスタイルについて醸造家の方々と一緒に考え、ともにビールを仕込むという、ファンにとっては夢のような企画です。

今年の募集組数は7組。完成したビールは今年の「栃木クラフトビアフェスタ2018」(7月20日[金]~22日[日]開催)にてお披露目されるとともに、会場での投票によって7組のなかからグランプリが決定されます。

ビール好きにはたまらない年1回の本イベント。ビールづくりに関する難しい知識は不要とのことですが、主催者によると応募多数のなかから選ばれるポイントはあるようです。特に、応募内容のなかで「造りたい味は明確に」「“そのビールを飲みたい!!”という気持ち」「職人さんの心を掴む」といったことが大事になるとのこと。

このほか、過去に当選した応募内容や、ともにビールをつくっていただける醸造家の方々の紹介等々、「栃木クラフトビアフェスタ」のフェイスブックページにも関連情報が多数掲載されていますので、少しでも興味のある方はぜひチェックしてみてください!

 

概要「クラフトビアチャレンジ2018」

募集人数
7組(20歳以上の個人またはグループで3名様まで)
※ ブルワリーの広さにより増員応相談
募集条件
1)20歳以上
2)仕込日に栃木指定ブルワリーへ お越しいただける方
3)フェスタ当日(7/22(日))会場に来ることが可能な方
※各、移動費は自己負担となります。
参加費用
お一人5,400円(税込)
※ 当選された方のみのお支払いとなります。
参加醸造家
・うしとらブルワリー(醸造家:小林 祐也 氏)
・栃木マイクロブルワリー(醸造家:横須賀 貞夫 氏)
・BLUEMAGIC(醸造家:中尾 真仁 氏)
・プレストンエールブルワリー(醸造家:梶山 紀光 氏)
・murmur(マァマー) (醸造家:須藤 克支 氏)
・Nikko Brewing (醸造家:細田 央 氏)
・ろまんちっく村クラフトブルワリー(醸造家:吉清 邦夫 氏)
その他の応募要項や応募方法
告知・応募方法・応募用紙ダウンロード等(道の駅 ろまんちっく村HP)
栃木クラフトビアフェスタ(Facebook)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ