自家醸造(ホームブリューイング)の新潮流へ、都内でTOKYO ALEWORKS醸造所が開業

2018-05-23

TOKYO ALEWORKS | Communal Brewing

東京都板橋区にて、一般の個人によるクラフトビールの自家醸造、いわゆる“ホームブリューイング”が行えるというビール醸造所(以下、ブルワリー)「TOKYO ALEWORKS」が開業します。

 

最新設備で誰もがビールづくりを

TOKYO ALEWORKS | Communal Brewing

2018年現在、クラフトビール(主に小規模なブルワリーがつくる多種多様なビール)は日本でも認知を広げてきたものの、国内では製造免許を持たない個人で度数1%以上のアルコール飲料をつくることが酒税法で禁止されています。しかし、世界的なクラフトビール・ムーブメントの出発点にもなった、1970年代のアメリカにおけるホームブリューイングという潮流は、消費者としてビールを味わうことと切っても切り離せない文化と言えます。

そうした個人によるビール醸造を可能にするのが、TOKYO ALEWORKSによるホームブリューイングのサービスです。最小の仕込み単位は20リットル。最先端のアメリカ製醸造設備を導入して醗酵のようすをリアルタイムで可視化する等、データやレシピをシステム管理することで、思い描くビールを高い再現性で醸造できるようにしているとのことです。

 

専門家のサポートも充実

TOKYO ALEWORKS | Communal Brewing

併設ブルーパブ「IBU(Itabashi Brewers Unit)」

オリジナルのビールづくりというと、今まではたとえばクラフトビールを提供する飲食店関係者の方々による周年ビールづくり等が多かったのですが、TOKYO ALEWORKSでは一般の個人まで含め、誰でもオンリーワンのクラフトビール醸造が行えるとのこと。

また、ブルワリー側の醸造家には、あえてヘッドブリュワーやマスターブリュワーといった肩書を設けていないそう。ビールづくりという創造的な時間を共有するコミュニアル(Communal)な場を提供するため、キッチンスクールのように「テクニカル・スタッフ」として、安心して楽しくクラフトビール造りができるようサポートしてくれるそうです。

ブルワリーには、カルフォルニア・スタイルを謳ったブリューパブ「IBUItabashi Brewers Unit)」も併設されています。もし「サービスを申し込む前にいろいろお話を聞いてみたい」という方は、まずブリューパブに足を運んで普段通りクラフトビールを愉しみつつ、お店の方にいろいろとホームブリューイングについてお話を伺ってみるのも良いかもしれません。

 

概要「TOKYO ALEWORKS」

名称
TOKYO ALEWORKS | Communal Brewing
所在地
東京都板橋区板橋1-8-4 板橋Cask Village 1階
TEL
03-3961-1196
E-Mail
info@tokyoaleworks.com
営業時間
月~金・土日 11:30-23:00(定休日なし)
Webサイト
公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ