ティー・ワイ・ハーバーブルワリー、「さくらドロップ」等、初夏限定醸造のクラフトビールを多数発表

2019-02-28

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)

タイソンズアンドカンパニーが運営するT.Y. HARBOR BREWERYティー・ワイ・ハーバーブルワリー)が、3月限定となるさくら色のビール「さくらドロップ」をはじめとした2019年初夏限定醸造ビールのラインナップを発表しました。

 

22周年を迎える東京の老舗

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)

大手メーカーに属さない独立系のビール醸造所としては東京で最も長い歴史を持つ天王州のティー・ワイ・ハーバーブルワリー。1997年の創業から数えて20周年となる2017年にはメインブルワリーの横にパイロットブルワリーとして小型の醸造設備も導入しており、現在は定番のエール5種以外にも「シーズナルブルー(Seasonal Brew)」および「リミテッドブルー(Limited Brew)」の2種類を限定醸造しています。

月替わりの「シーズナルブルー」では季節の素材を使うなどしてクラフトビール業界における流行のスタイルを提案する一方、「リミテッドブルー」では小型設備の小回りの良さを活かして個性的かつ実験的なビールを少量生産し、随時販売。創業からビールを造り続けるブルーマスターの阿部和永氏を筆頭に、女性2名を含む計4名のブルワーがアイディアを出し合い、自らが担当し仕込む形で手造りしています。

 

「シーズナルブルー」発売ラインナップ

※ 系列店レストランでのみ毎月の限定ビールとして提供

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)「さくらドロップ(SAKURA DROP)」

3月:さくらドロップ(SAKURA DROP)
桜の花で香りづけを行うとともに、ハイビスカスでさくら色を付けた、近年流行の乳酸菌を使用したサワースタイルビール

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)「ヘージービーツIPA(Hazy Beets IPA)」

4月:ヘージービーツIPA(Hazy Beets IPA)
ペールエールの3倍使用したIPA(インディアペールエール)。パワフルな苦みと柑橘系の香りとしっかりとしたコクにビーツを加えたベジタブルビール。

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリ-GOSE

5月:東ドイツ(ライプティヒ)発祥の塩を加えたゴーゼ(GOSE)スタイルに、色鮮やかな赤紫蘇を塩漬けした「しば漬け」をイメージさせるビールを販売予定。

6月:ドイツ産ホップ・モルト・イーストを使用した夏にぴったりのジャーマンラガーを順次販売予定。

 

「リミテッドブルー」発売ラインナップ

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)と、わかさいも本舗「鬼伝説ビール」

3月中旬:北海道登別市の「鬼伝説ビール」とともに醸造した、ホップの効いた「ブリュット」スタイルのビール。

T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)と、一騎醸造

4月:ファントムブルワリー「一騎醸造」とともに醸造した、焼酎麹を使用した「ブリュット」。

ブリュット」とは、名前の通りシャンパンのような非常にドライなビールで、他の人気クラフトビール醸造所のブルワーと天王洲にて共同で仕込みを行い、2つ続けて発売予定とのこと。また、5月以降も日本酒酵母を使用したビールや干しシイタケと鰹節を使用した旨味あるブラウンビールなどを販売予定としています。

▼T.Y.HARBOR BREWERY製造ストーリー

公式サイト:T.Y. HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバーブルワリー)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ