West Coast Brewingがリラックス成分“CBD”配合のIPA2種発売!

West Coast Brewing「Starwatcher CBD」「Green Light」

West Coast Brewing(静岡県静岡市、以下WCB)は2021年2月25日(木)、リラックス成分“CBD”を配合したIPAスタイルのクラフトビール2種「Starwatcher CBD」「Green Light」を発売しました。

 

厚生省が定める安心・安全なCBD原料を使用

CBDとは、大麻(ヘンプ)の種子及び茎から抽出された大麻草特有の成分(CannaBiDiol=カンナビジオール)の略語です。日本の大麻取締法で規制されている、精神作用の高いTHC(麻の葉・花・根の成分)は一切含んでいないため、種子や茎から抽出された成分は規制からは除外されています。酩酊状態や陶酔感などの精神作用を引き起こすことはなく、乱用や依存、耐性はみられないとされています。

(引用:一般社団法人日本カンナビジオール協会)

WCBでは、厚生労働省が定めた規格を満たす安心・安全なCBD原料を輸入する国内の代理店から、CBDのパウダー製品を仕入れて使用。今回の2商品が「大麻取締法」に該当しない旨を、関東信越厚生局麻薬取締部で確認が取れており、加えて食品素材として食品に使用可能である旨も保健所の食品衛生監視下にて確認済みとのことです。

 

「Starwatcher CBD」概要

West Coast Brewing「Starwatcher CBD」

WCBのフラッグシップビールとなる「Starwatcher」にCBDを配合。オレンジやメロンのようなフルーティーさに加えて、ほんのり針葉樹のような風味が特徴とのこと。通常の「Starwatcher」よりも少しだけフレーバーを強く感じられ、甘みはいつもよりやや濃いめとのことです。

商品名
「Starwatcher CBD(スターウォッチャー・シー・ビー・ディー)」
スタイル
CBD-Infused West Coast IPA
品目
発泡酒
原材料
麦芽、ホップ、CBD
アルコール度数
7.00%
容量
500mL
Webサイト
「Starwatcher CBD」(公式サイト)

 

「Green Light」概要

West Coast Brewing「Green Light」

ABV4.5%ながら軽すぎない飲み口で、グレープフルーツの印象にほんのりと白桃のアロマが感じられるそう。パイナップルのフレーバーと少々のウッディーさも感じられ、はっさくの優しい苦味が土台となって満足度の高いSession IPAに仕上がったとしています。

商品名
「Green Light(グリーン・ライト)」
スタイル
CBD-Infused Session IPA
品目
発泡酒
原材料
麦芽、糖類、ホップ、CBD
アルコール度数
4.50%
容量
500mL
Webサイト
「Green Light」(公式サイト)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!