人気クルーズ「淀川浪漫紀行」の船上で「祝うてエール」提供!

「祝うてエール」

大阪市内で観光船を運航している大阪水上バス(株)は、2020年10月11日(日)から運航を再開する人気クルーズ「淀川浪漫紀行」にて、大阪天満宮の水100%で仕込んだビール「祝うてエール」の提供を開始します。

 

大阪天満宮の水を100%使用

天満橋・八軒家浜と枚方を結ぶ定期観光船「淀川浪漫紀行」

天満橋・八軒家浜と枚方を結ぶクルーズ船「淀川浪漫紀行」

「淀川浪漫紀行」は、クルーズ船「ひまわり」にて歴史的な観光を楽しむことが出来る人気クルーズ企画。2017年9月から、毎月第2日曜日を中心に、天満橋・八軒家浜船着場と枚方船着場を運航しています。

そんな「淀川浪漫紀行」の運航再開にあたり、「リモート観光ガイド」とともに同クルーズの新たなコンテンツ企画のひとつとして提供されるのが、今回の「祝うてエール」です。関西大学と大阪天満宮とのコラボ企画で生まれた商品であり、醸造は有本麦酒(株)が担当しています。

大阪天満宮の地下70メートルから湧き上がる水を使って仕込んだビールで、超軟水の効果でコクが強く、香りと泡持ちが良いのが特徴とのこと。「船旅というハレの日にふさわしく、華やかな気分を醸し出し、穏やかで和やかな観光を楽しんでいただくことができる商品」としています。

 

「祝うてエール」

価格
600円(税込)
※ 予定
容量
330ml
醸造元
有本麦酒株式会社
企画
合同会社SOLARIS(関西大学)
販売協力
大阪水上バス株式会社
Webサイト
「淀川浪漫紀行」公式ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!