横浜ビールがビアバー&飲食店限定のセッションブラックIPA発売!

横浜ビール「ハマクロ」

横浜ビール(神奈川県横浜市)」は2021年11月12日(金)、醸造家が“今、造りたいビール”を醸造するという「ブルワーズビール」シリーズの新作として、ビアバー・飲食店舗限定となるビール「ハマクロ」を順次出荷開始します。

 

華やかなホップ香とロースト感

「黒ビールのイメージを覆す軽快さ」をコンセプトに、ドリンカビリティの高いセッションブラックIPAを目指したという本商品。

IPAらしい柑橘を思わせるホップの華やかな香りと、ほんのり感じるモルトのロースト感が心地良い味わいを引き出しており、黒ビールは苦手と言う方にもぜひ試して欲しいとのことです。

深田優醸造長コメント
ハマクロのコンセプトは「黒ビールのイメージを覆す軽快さ」です。スタイルは少しマニアックに感じるかもしれませんが、セッションブラックIPA。元々は、横浜赤レンガのドイツビールイベントの時期に合わせて醸造していた「横浜ビール」ならではのビールです。また、同期入社した同僚と試行錯誤した思い出深いビールでもあります。味わいはIPAらしいホップアロマの主張がガツンときて、後にモルトのロースト感がほんのり残るようなテイストです。IPAとはいえ苦味は極力抑えています。アルコールはセッションらしく4.5%。クラフトビールファンからそうでない人にも、黒ビール好きにも、黒ビールがちょっと苦手な人にも飲んで頂きたいビールです。ハマクロが黒ビールにハマるきっかけになれば良いなとも思い、醸造しました。

 

 

「ハマクロ(Session Black IPA)」概要

ビアスタイル(ビールの種類)
Session Black IPA
アルコール度数
4.5%
IBU
35
使用ホップ
シトラ、シムコー、モザイク、シムコー(cryo)
発売日
2021年11月12日(金)
※ 2021年11月11日(木)16:00、横浜ビール直営店「YOKOHAMA BEER STAND」「驛(うまや)の食卓」(ともに神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル)にてドラフトで先行発売予定。
Webサイト
横浜ビール公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!