横浜FCオリジナルビールは横浜ビールと開発したセッションIPA!

【2021年4月25(日)追記】本商品は緊急事態宣言、蔓延防止措置の状況により、発売日は改めて調整中となりました。

横浜FCは2021年4月、横浜ビールとの共同開発によるオリジナルビール「Under The Sky Beer~SUNNY Session IPA~」を発表しました。発売は5月1日(土)のJ1リーグ第12節鹿島アントラーズ戦(ニッパツ三ツ沢球技場)を予定しています。

 

キレの良い爽やかな苦味

2020年4月に横浜ビールとのオリジナルビール共同開発を発表していた横浜FC。サポーターへのフレーバーアンケートやロゴ・ネーミング募集で寄せられた「三ツ沢の空にあうビール」というキーワードから、スカッとした三ツ沢の青空のように爽やかで飲みやすくも、クラフトビールならではのガツンとした飲みごたえのある「セッションIPA」のビアスタイルを選定したとのこと。

そのうえで開発した本商品は、ホップのしっかりした香りと爽やかな苦味が最大の特徴で、キレも良く、三ツ沢の抜けたような青空に合うビールに仕上がったとしています。

 

「Under The Sky Beer~SUNNY Session IPA~」概要

横浜FC×横浜ビール「Under The Sky Beer~SUNNY Session IPA~」
商品名
Under The Sky Beer~SUNNY Session IPA~
価格
700円
発売日
2021年5月1日(土)
J1リーグ 第12節 鹿島アントラーズ戦(17:00キックオフ)
販売場所
ニッパツ三ツ沢球技場「横浜ビールキッチンカー」
※ 出店場所は試合ごと異なる場合があります。
アルコール度数
5%
初回販売数
約500杯
ビアスタイル
セッションIPA
特徴
ホップのしっかりした香りと爽やかな苦味が最大の特徴。キレも良く、三ツ沢の抜けたような青空にあうビール。
Webサイト
横浜FC公式サイト
横浜ビール公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!