フタ全開で絹のような泡が!「スーパードライ 生ジョッキ缶」

アサヒビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

アサヒビールは2021年4月20日(火)、缶体上部のフタを全開することで泡が自然に発生するという日本初()の缶ビール製品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を発売します。酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日(火)先行発売となります。

※ フルオープンかつ自然発泡する缶を用いた商品として(2020年9月Mintel社製品データベースおよびアサヒビール調べ)。

 

麦芽の香りも一層豊かに

自宅などで、飲食店が提供する樽生ビールのような味わいを気軽に楽しみたいとのニーズに応えたという「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」。

缶体上部のフタが全開することで麦芽の香りを感じやすくなるとともに、口に流れる液量が多くなり、“生ジョッキ”のような感覚で飲用することができるそう。また、開栓直後に自然発生する泡は、缶体内側の特殊塗料によって、通常の缶からビールをグラスに注いだときに発生する泡よりもきめ細かくなるほか、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持されるとのことです。

さらに、開栓後のフタと缶体の飲み口は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造で手や口を切る恐れなく、安心して飲用することができるとしています。

 

商品開発担当コメント(抜粋)

アサヒビール株式会社 ビールマーケティング部 ブランドマネージャー:中島 健 氏

アサヒビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

お客さまの声から、「お店で注文した生ビールがきた時のワクワク感とあのうまさを、家でも楽しみたい」というインサイトにたどり着き、商品開発がスタートしました。手や口を切らずに安全に全開するふたの開発、お店の生ジョッキと同等の泡立ちの実現など、お客さまが驚く商品になるまでさまざまな高いハードルがありましたが、スーパードライの歴史は挑戦の積み重ねです。“日本初”の生ジョッキ缶発売という大きな挑戦に向かって、全部門一丸となって、開発に取り組んできました。

 

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」概要

商品名
アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶
品目
ビール
発売品種
缶340ml
アルコール分
5%
発売日
2021年4月20日(火)
※ コンビニエンスストアは4月6日(火)
製造工場
茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場
発売地区
全国
価格
オープン価格
Webサイト
「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」商品情報

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!