廃棄パンを原材料に使ったクラフトビール「CRUST」が日本上陸!

「CRUST」

余剰食材を使った飲料の製造・販売を行うシンガポールCRUSTの日本法人CRUST JAPANは2020年10月、廃棄パン等を原料とするクラフトビール「CRUST」と炭酸飲料「CROP」を、2020年12月末~2021年1月にかけ提供開始すると発表しました。

 

シンガポールで年間344kgの廃棄パン削減

年間13億トンにおよぶ世界の食品ロスのうち、およそ90万トンはパンの廃棄であると言われているそうです。

そうした余剰パンに注目した元シンガポール海軍のTravin Singh氏は、シンガポールのカフェやベーカリーから売れ残りのパンや、生産過程で発生したパン屑を回収してビール製造を開始し、2019年にビールブランド「CRUST」を創設。2019年9月のリリースからわずか1年で344kgの廃棄パン削減を達成し、5,982リットルのビール製造販売に成功したとのことです。

現在、本社のあるシンガポールでは廃棄されるフルーツを使ったビールも販売しており、アジアならではの余剰食材を使った独自のビール開発・研究を進めているとしています。

 

クラフトビールと炭酸飲料の2種を発売予定

「CRUST」

そのうえで、今後は同社の成功をアジア全体に広めていきたいとの考えから、2020年には株式会社CRUST JAPANを創設。日本での本格的な市場展開をはじめます。

日本で発売が決定したのは、売れ残りのパンで製造したCRUSTの代名詞ともいえるクラフトビール「CRUST」と、とある余剰食材で製造したという炭酸飲料「CROP」の2種で、詳細は近日公開予定。正式販売は2020年12月末~2021年1月を予定しています。

「CRUST」公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!