「ヒューガルデンホワイト」生みの親によるもう1つの名作ビール「セリスホワイト」が発売

セリス・ブルワリー「セリス・ホワイト」

「デリリウムカフェ」をはじめとしたビアバー/ビストロの展開や、「RIO BREWING & CO.」(リオ・ブルーイング・コー)による醸造事業を手掛けるEVER BREW(エバーブルー)は2018年7月10日(火)、世界的なホワイトビール「ヒューガルデン・ホワイト」の生みの親である故ピエール・セリス氏が生み出したもう1つの名作ビール「セリス・ホワイト」の販売を開始します。

 

2017年にセリス・ブルワリーが復活

セリス・ブルワリー「セリス・ホワイト」

若き日のピエール・セリス氏(右から2番目)

1985年、それまで「ヒューガルデン・ホワイト」を醸造していたベルギー・ヒューガルデン村のヒューガルデン醸造所(当時デ・クライス醸造所)が火事に遭ってしまったことで、経営から離れることになった同醸造所の創業者である故ピエール・セリス氏は1992年、クラフトビール熱が高まる米テキサスのオースティンにてセリス・ブルワリーを立ち上げました。

そこでセリス氏がすべてをかけて生みだしたビールが「セリス・ホワイト」です。その後、ミラー社に買収されたセリス・ブルワリーは2001年に閉鎖されることとなり、セリス氏も2011年にこの世を去ってしまいます。しかし2017年、セリス氏の娘であるクリスティーヌ・セリス氏と孫娘のデイトナ氏(醸造を担当)が同ブルワリーを再興。そうして復活した名作ホワイトエールの、日本における独占輸入契約を今回締結したのがEVER BREWです。

日本での販売は7月10日(火)スタートの予定。誕生時のレシピを引き継いで醸造された現在の「セリス・ホワイト」には、小麦だけでなく、当時のホワイトビールにも使われたオート麦が用いられています。

概要「セリス・ホワイト」

「セリス・ホワイト」

内容量
355ml, 20L Pubkeg,355ml缶
アメリカ
アメリカ
原材料
麦芽、小麦、オート麦、ホップ、コリアンダーシード、オレンジピール

概要「セリス・シトラス・グランディスIPA」

セリス・シトラス・グランディスIPA

内容量
355ml, 20L Pubkeg,355ml缶
アメリカ
アメリカ
原材料
麦芽、小麦、オート麦、ホップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ