「山で飲む究極の一杯目指す」クラフトビールのクラファン始動!

Far Yeast Brewing、ヤマップ「Beer for Mountains Summit 1」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)と登山地図GPSアプリ「YAMAP」を運営するヤマップは2022年2月25日(金)、山で飲む究極の一杯にこだわったというビール「Beer for Mountains Summit 1」を、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて発売しました。

 


開発では“リアル山頂テイスティング”も

Far Yeast Brewing、ヤマップ「Beer for Mountains Summit 1」

登山地図アプリに加えて、山道具のセレクトショップ「YAMAP STORE」も展開するヤマップ。同社が開発したオリジナルの“山専用コーヒー”はSTOREの人気商品となっているそう。一方で、一日中歩いたあと、山小屋やテントサイトのご褒美としてビールを楽しみにしている登山ファンも多いことから、今回は「山で飲みたいビール」が開発されました。

開発にあたっては、ヤマップとFar Yeast Brewingのメンバー5名で実際に山梨県の大平山(1,295m)に登り、“リアル山頂テイスティング”を実施。汗をかいて心地よい疲労感が残る身体で最終候補となった4種類のビールを試飲。山の大自然の空気や香りに包まれるなか、最も美味しいと感じられる味を選んだとのことです。

 

アルコール度数控えめのペールエール

Far Yeast Brewing、ヤマップ「Beer for Mountains Summit 1」

今回開発した「Beer for Mountains Summit 1」は、ホップやモルトの豊かな香りが特徴であるアメリカンペールエールがベースに、「山で飲みたいビール」のコンセプトに合わせたオリジナルのレシピを作成したとのこと。クラフトビール初心者でも飲みやすい味わいに仕上げたほか、山で飲むことを想定し、塩気のある食事との相性も考慮し、アルコール度数は控えめにしたとしています。

 

「Beer for Mountains Summit 1」概要

原材料
麦芽(外国製造)、ホップ、糖類
アルコール度
4.7%
スタイル
American Pale Ale
IBU
25
品目
ビール
醸造所
Far Yeast Brewing 源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
350ml缶
プロジェクト詳細
プロジェクト名称:山好きによる山好きのための究極の1杯。山でおいしいクラフトビールをつくりたい!
募集期間:2022年2月25日~4月11日(45日間)
URL:https://www.makuake.com/project/summit1/
※ 本プロジェクトはAll or Nothing型となります。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!