新定番ジューシーIPAの2ndバッチ発売!科学手法で香りを最大化

Far Yeast Brewing「Far Yeast Hop Frontier -Juicy IPA-」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2021年4月18日(日)、最新ホップ理論と先進的醸造手法を駆使し、ジューシーIPAの新領域に挑んだというビール「Far Yeast Hop Frontier Juicy IPA」(ファーイースト ホップフロンティア ジューシーアイピーエー)の2ndバッチ()を発売します。

※ 特定商品の初醸造である「1stバッチ」に続く2回目の醸造品。

 

最新ホップ理論で導く新定番Juicy IPA

クラフトビールを取り巻く状況が急速変化している昨今、将来の新たなスタンダードとなるビールをつくるべく国内外のホップサプライヤーと積極的に交流し、さまざまな研究や実践を繰り返してきたというFar Yeast Brewing。

そのなかで得た学びや発見を活かし、最新のホップ理論に基づくビール造りに挑戦し、科学的なアプローチでホップアロマの最大化を目指したJuicy IPAジューシーIPA)(※1)が、今回の「Far Yeast Hop Frontier Juicy IPA(以下、Hop Frontier)」としています。

※1 Juicy IPA:米国Brewers Associationのビアスタイル・ガイドラインで「Juicy or Hazy India Pale Ale」と定義されるスタイル。ホップのジューシーなフレーバーを引き出すことに焦点を当て、濁りのある見た目が特徴で、現在世界中のクラフトビールファンのあいだで最も注目されるスタイルの1つ。

 

カギは“Survivables”

Far Yeast Brewing「Far Yeast Hop Frontier -Juicy IPA-」醸造工程

本商品の製造では、完成したビールの中でアロマに貢献する成分“Survivables”(※2)にフォーカスし、使用ホップ品種を厳選。日本で初使用となる「TRI-2304CR」、および最新品種「Talus」を軸に、4種類のホップと1種類のホッププロダクトを使用したとのことです。

そのうえで、1stバッチの検証から得られた様々なフィードバックから、ドライホップ時に投入するホップの品種・量を調整。香気成分であるゲラニオールをふんだんに含むTalusのボリュームを増やし、当初の狙いによりイメージを近づける試みで、ビールのフレーバーを科学的にデザインすることに挑んだとしています。

Far Yeast Brewingでは今後、検証を繰り返しながら「Hop Frontier」を同社メインブランド「Far Yeast」の新定番商品にしていくとのこと。“洗練された味わいでビアファンも初心者も満足できる品質”という「Far Yeast」のコアを継承しつつ、人々が気軽にトレンドを楽しめるビールを目指して本商品に注力していくとのことです。

※2 Survivables:モノテルペンアルコール、ホップ由来エステル、チオールなど、官能閾値が低く、比較的揮発しにくい化合物。醸造工程を経ても最終的なビール製品に強く残り、高い香りのインパクトを実現するといています。

 

「Far Yeast Hop Frontier Juicy IPA」概要

Far Yeast Brewing「Far Yeast Hop Frontier -Juicy IPA-」
商品名
Far Yeast Hop Frontier Juicy IPA
(ファーイースト ホップフロンティア ジューシーアイピーエー)
販売開始日
2021年4月18日(日)
価格
オープン価格
原材料
麦芽、ホップ、糖類、コリアンダー
アルコール度
6.5%
IBU
30
品目
ビール
スタイル
Juicy IPA
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
350ml缶、15L樽
オンラインストア
Hop Frontier Juicy IPAセカンドバッチ 6本セット
Hop Frontier Juicy IPAセカンドバッチ 12本セット 【送料無料】

 

フードペアリングイベントも開催

「Far Yeast Hop Frontier-Juicy IPA-」オンラインフードペアリングイベント

また、今回は2ndバッチ発売を記念して、2021年4月29日(木・祝)にオンラインイベントも開催予定されます。

イベントでは、同社の都内五反田直営店「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」の料理長が、「Hop Frontier」の香りを最大限に楽しむフードペアリングのレシピを紹介。併せて、「Hop Frontier」のコンセプトやペアリングのポイントも紹介するほか、書籍『香りで料理を科学するフードペアリング大全』(グラフィック社)日本版翻訳書の編集を手掛けた、fermentbooksのワダヨシさんも参加を予定しています。

参加は無料。参加者にはイベント前に「Hop Frontier」1本とフードペアリングレシピを送付予定とのこと。このほか、「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」では、本イベント用に開発されたペアリングメニューを4月23日(金)のディナータイムより店内でも提供予定としています(「Hop Frontier」ペアリングメニューの提供は5月末まで)。

※「Hop Frontier」がなくなり次第終了
※ 新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置の状況により変更となる場合があります

 

オンラインイベント概要

日時
2021年4月29日(木・祝)1500~16:00
人数
15名
申し込み期限
2021年4月25日(日)
※ 定員になり次第締切とさせていただきます。
参加費
無料
その他
※ Zoomでのオンラインイベントとなります。
※ 参加者には事前に「Hop Frontier」1本とペアリングレシピをお送りします。レシピの材料はご自身で当日までにご用意ください。
Webサイト
申し込みフォーム

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!